59歳の妻が急激に老け込んだ原因は「若返りホルモン」の不足だった

5月26日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン


急激に老け込んだ愛妻の姿に

我が目を疑い、愕然とした


「真理衣ちゃん(仮名・59歳)、元気なさすぎだと思わない。あのままおばあちゃんになったら可哀そうよ。まだ若いんだから」


 ある日大さん(仮名・64歳)は、妻の親友から電話で、そう責めたてられた。妻は元芸術家。人一倍アクティブで、奥様というよりは外様(そとさま)タイプ。一時期、大さんの仕事の関係でヨーロッパに住んでいた時も、まったく臆することなく出歩き、気がつくと自宅は、真理衣さんが現地で知り合った友人が頻繁に訪れる、国際色豊かなサロンと化していた。人目を惹きつける美貌と巧みな話術、その上世話好きな彼女は実に魅力的で、まさに自慢の妻だった。


 ほんの5年前までは。


「急に顔がカーッと熱くなって、汗が噴きだすのよ。それになんだかイライラするの」


 など、典型的な更年期障害の症状を訴え、つらそうにしていることが増えた。


 (長年の疲れか、それとも、本人が気つかない間にストレスが溜まっていたのかもしれない)


 心配した大さんは、身体によさそうな料理を研究して作ったり、温泉旅行に誘うなどして気遣った。そうこうするうちに真理衣さんは閉経を迎え、つらい症状からも解放されたように見えていたのだが、このところまるで元気がない。


「だるくて仕方ないの。ときどきめまいがするし、いくら休んでも疲れがとれなくて」


 なんて言いながら、リビングのソファに横になっている。大さんにとってショックだったのは、ある日の夕方、外出からの帰りに偶然、前を歩く真理衣さんを見かけた時。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「若返り」をもっと詳しく

「若返り」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ