業界初、解凍ムラ抑える「サイクロンウェーブ加熱」搭載 パナソニックからスチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」

5月26日(火)9時0分 J-CASTニュース

解凍から加熱、蒸しまで幅広い調理に対応

写真を拡大

   パナソニックは、スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ NE-BS1200」を2015年6月1日に発売する。価格はオープン。

レシピなど表示できるカラータッチ液晶搭載


   新形状の3Dアンテナでマイクロ波をらせん状に放射する「サイクロンウェーブ加熱」を業界初搭載(同社調べ)。食品の中央付近から広範囲に解凍してムラを抑え、独自の「64眼スピードセンサー」で食品の大きさや分量、種類を見分けて自動制御、冷凍肉などをすぐ使える状態にする「芯までほぐせる解凍」を実現した。独自のビストロスピードグリル皿で、予熱せず10分で焼き上がる「かんたんピザ・パン」メニューを新開発。


   カラータッチ液晶を装備し、画面にレシピやデコレーション方法などを表示でき、「おすすめ」「キッズ」「男前」の3コースで構成される「みんなの料理教室」に対応。コンフィなど低温調理から高火力調理まで幅広い調理ができる「低温80度〜高火力300度オーブン」、温度の異なる2品を同時加熱する「2品同時あたため(ねらって加熱)」などを搭載した。カラーはルージュブラック、ホワイトの2色。

J-CASTニュース

「サイクロン」をもっと詳しく

「サイクロン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ