鈴木氏「名誉顧問」に就任 セブン&アイHD

5月26日(木)17時30分 J-CASTニュース

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は2016年5月26日、定時株主総会を開いた。同日付で退任した、前会長兼最高経営責任者(CEO)の鈴木敏文氏(83)は名誉顧問に就任。中核子会社のセブン‐イレブン・ジャパン前社長の井阪隆一氏(58)がHD社長に就いた。グループトップの交代は24年ぶり。

鈴木氏は、当初は「最高顧問」で調整していたが、井阪氏や社外取締役らが「『最高顧問』では影響力が残る」などと難色を示していた。一方の鈴木氏も一時は名誉職を辞退し、セブン&アイから完全に去ることを検討していた。


株主総会では、井阪氏と鈴木氏が握手して「ノーサイド」を演出。時間は1時間52分(15年は1時間28分)。出席者は1385人(同1984人)だった。

J-CASTニュース

セブン&アイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ