DX推進を行うINDUSTRIAL-X、チーム向けワークマネジメントプラットフォームを提供する「Asana」の販売パートナーとして「Asana導入支援サービス」の提供開始

5月27日(木)11時16分 PR TIMES

デジタルトランスフォーメーション(DX※1)推進を行う、株式会社INDUSTRIAL-X(本社:東京都港区、代表取締役:八子 知礼、以下INDUSTRIAL-X)は、Asana Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役ゼネラルマネージャー:田村 元)と販売パートナー契約を締結し、企業向けに「Asana導入支援サービス」の提供を開始いたします。
※1:DX(デジタルトランスフォーメーション):データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

[画像: https://prtimes.jp/i/51016/21/resize/d51016-21-899541-0.png ]

■Asana Japanとの販売パートナー締結背景
INDUSTRIAL-Xは、DXコンサルティングやDXソリューションの導入支援などを通し、DXを担当なるIT化ではなく事業全体の構造改革を見据えた取り組みとしてとらえ、多様な企業を支援しています。
働き方が多様化する昨今、リモートワークの導入により多くの企業が社員やプロジェクトの管理方法に課題を感じています。INDUSTRIAL-Xがコンサルティングを行っている多くの企業からも「社員の稼働状況がわからない」「プロジェクト全体が可視化されておらず、現在の状況を把握できていない」などの相談が増加していました。
Asanaは目的やゴールの設定から、関係者との役割分担やマイルストーンの設定、関連資料の共有などプロジェクトを進める上で必要なさまざまな情報を共有できます。そこでINDUSTRIAL-Xは、Asana Japanと販売パートナー契約を締結し、「Asana導入支援サービス」をクライアント企業に提供することで、企業のあらゆるプロジェクトの成功を支援します。

■Asanaについて
Asanaは、組織の体制を整え、チームの生産性を向上させるツールです。
目的やゴール、関係者とその役割分担やマイルストーン、関係リンクといったプロジェクトを進める上で必要不可欠な情報を事前に共有できるため、全員が同じ認識で取り組むことが可能です。このことにより、情報の検索や収集に時間をかける必要がなくなり、複数のメンバーとのコラボレーション業務もスムーズに進められます。

■Asana Japan株式会社について
組織名:Asana Japan株式会社
代表者:田村 元
所在地:東京都千代田区丸の内1丁目6番5号 丸の内北口ビルディング9階
概要:Asanaは、小規模プロジェクトから戦略的なイニシアチブまで、チームのあらゆる仕事の計画と推敲をサポートします。Asanaはカリフォルニア州サンフランシスコに本社を構え、有料サービスを利用する組織は9万件以上、無料サービスを利用する組織は数百万に及びます。アクセンチュア、エスティ ローダー、日本航空、Sky、Viessmannなど、世界中のお客様が小規模プロジェクトから戦略的なイニシアチブまで、チームのあらゆる仕事の計画と遂行をサポートします。会社の目標からデジタルフォーメーション、製品リリースやマーケティングキャンペーンまで、すべてAsanaを使って管理しています。
URL:https://www.asana.com/(https://www.asana.com/ja/)

■株式会社INDUSTRIAL-Xについて
企業名:株式会社INDUSTRIAL-X(インダストリアル・エックス)
代表者:八子 知礼
所在地:東京都港区東麻布3丁目8-2 麻布マルカビル9F
概要:デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に必要なあらゆるリソースを最適かつワンストップで提供することによって、企業および自治体の次世代型事業への構造変革をスピーディに支援するResource as a Service(R)ビジネスを行っています。具体的にはあるべき姿のコンサルティング、IoT/デジタルソリューションの目利きと導入、現場改革リーダーとしての参画、事業評価などを費用の払い方まで含めたサブスクリプションで提供します。それらをサービスとして実現した「Resource Cloud」を提供しています。
URL:https://industrial-x.jp/

PR TIMES

「推進」をもっと詳しく

「推進」のニュース

「推進」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ