ヤマモリ監修 ごはんを挟んでポークとビーフが真っ二つ 天下分け目の「桑名カレー」が東海地方のファミマで限定発売

5月28日(水)11時15分 J-CASTニュース

牛肉?それとも豚肉?

写真を拡大

   ファミリーマートは2014年5月27日、総合食品メーカー「ヤマモリ」(三重県桑名市)監修のもと「ポーク」と「ビーフ」が半分ずつ入った「天下分け目の桑名カレー」を東海地方の店舗限定で発売する。



たけのこもはいってるよ




   桑名カレーは、桑名市がカレーに使う具が牛肉か豚肉かに分かれる中間に位置していることから生まれたご当地メニュー。


   カレーは長細いご飯の両端に位置しており、東側(右)にポークカレー、西側(左)にビーフカレーのルーがトッピングされており、ルーの色に違いがあるのも特徴の一つ。


   具材には桑名カレーの特長の一つである「たけのこ」も加わっている。


   価格は417円(税込み)。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

カレーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ