<DESIGNART × ADDReC>日本のクリエイティブを世界へつなぐ「DESIGNART研究所」開校

5月28日(金)17時16分 PR TIMES

〜 国際ブランディングディレクター養成塾 〜

ADDReC株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:福島大我 共同代表:小山ひろみ)は、株式会社デザイナート( 本社:東京都港区 代表 : 青木昭夫 )とともに、2021 年 6 月、国際ブランディングディレクター養成塾「DESIGNART 研究所」を開校いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/45910/5/resize/d45910-5-641112-1.jpg ]


世界中が非連続な変化の真っ只中にある現代から、不確実性の高いこれから先の未来へと向かっていくなかで、繋ぐべき過去からの伝統や文化の本質を捉え、過去→現在→未来を再構築していくことが求められます。だからこそ、今、創造性豊かに物事を統合的にディレクション、デザインしていく人材が求められています。

「DESIGNART 研究所」は、人々が夢中になれるクリエイティブと持続性のあるビジネスの両軸を先導し、日本のものづくりを世界へと届ける“つなぎ手”となる“国際ブランディングディレクター”を養成します。
様々な人種や文化を横断して共感できるコミュニケーション、本当に必要とされるプロダクトやサービスの創出、人々の想像を快く裏切るアート志向等とともに、それらをプロモーションや流通でマネージメントしていくスキル、そして、クリエイティブで世界に貢献していく覚悟を身に着けるスクールプログラムです。
約6か月の期間、全10回で構成される学びには、時代をけん引するトップクリエイターをはじめ、各界のトップランナーを講師にお招きし、座学とワークショップの2部構成で実施しいたします。

ADDReC株式会社の代表 小山も、「生活者目線から視るクリエイティブとテクノロジー」をテーマに登壇(7月18日)し、人、街、企業を生活者の視点で捉えて繋ぎ、未来を構築するプロジェクトの手法についてご紹介します。

幕末の松下村塾が明治維新を主導する多くの人材を輩出したように、DESIGNART 研究所は、デザインやアートの力を駆使して、新たな価値を生み出し、それを伝え届けるノウハウとネットワーク構築を指南し、受講生とともに、現代の文化維新を目指します。

【DESIGNART 研究所の「3つの特徴」と「身につくスキル」とは?】
<3つの特徴>
1.各界トップランナーのビジネスデザインを学べる
2.実践的なプロジェクト体験でクリエイティブ力を磨ける
3.非公開のオンラインコミュニティで受講生同士が交流できる
<身につくスキル>
ビジョン、コンセプト、コピーライト、チームビルディング、新規開発進行、ツール製作、プロデュース、クリエイティブディレクション、営業、PR などのノウハウやスキルを身につけることができます。

------------------------------
【弊社代表小山ひろみが登壇します】
------------------------------
テーマ>生活者目線から視るクリエイティブとテクノロジー 〔7月18日(日)〕

[画像2: https://prtimes.jp/i/45910/5/resize/d45910-5-279091-0.jpg ]


人が幸せにであるために。生活者の日常が、より快適に、より楽しくなるために、視点と視野角を変えながら必要なものを構築していく。今回の講座では、ユーザー側と開発者側という遠い存在を、デザインやテクノロジーを介しながら繋ぎこんでいくプロジェクトの手法についてご紹介します。
海外の案件であっても、自分の経験やアイデンティティからではなく、プロジェクトが実装する現場の生活者の幸せがどうあるべきかを感がることが、どのプロジェクトでも基本としていることです。

------------------------------
【実施概要】
------------------------------
名称:DESIGNART 研究所(デザイナート研究所)
公式HP:http://lab.designart.jp/
期間:2021 年 6 月〜11 月(6 ヶ月間)月に 2 回土日いずれかに開催
コース:1.実践コース(座学+ワークショップ)/2.オンラインコース(座学のみ)
講義:1.2.座学10:00-12:00、1.13:00-17:00ワークショップ、1.17:00-18:00個別相談会
講師:各界を牽引する 10 名の講師陣 講師と 1 日座学 & ワークショップ
特典:座学の映像はいつでも視聴可能/オンライングループでのコミュニケーション
場所:渋谷スクランブルスクエア 15 階 SHIBUYA QWS (渋谷キューズ)CROSS PARK(クロスパーク)
主催:DESIGNART / ADDReC  共催:SHIBUYA QWS
対象:ものづくりに関わるブランディングを極めたい方 社会人経験3年以上
応募:Web サイト応募フォームに記入 ※締切 5 月 31 日
人数:実践コース 25 名(定員) オンラインコース 50 名(定員)
金額:実践コース 330,000 円(税込)/オンラインコース 112,200 円(税込)
※Peatix 決済(カードにて分割払い可) ※法人は請求書払い可
[画像3: https://prtimes.jp/i/45910/5/resize/d45910-5-119146-3.png ]


------------------------------
<カリキュラム一覧>
------------------------------
■6/26(土)「ビジョンが重なるブランディング術」
青木昭夫 MIRU DESIGN / DESIGNART 代表

■7/18(日)「生活者目線から視るクリエイティブとテクノロジー」
小山ひろみ ADDReC 代表

■7/24(土)「日本流ブランディングという方法」
立川裕大 t.c.k.w 代表

■8/14(土)「人間中心のイノベーションの起こし方」
横田幸信 i.lab, Inc. 代表取締役
早稲田大学ビジネススクール(WBS)
非常勤講師 i.school ディレクター

■8/21(土)「世界が相手のクリエイティブプロデュース」
富永 勇亮 Whatever Inc. 代表・プロデューサー
宗 佳広 同クリエイティブディレクター

■9/04(土)「長い時間軸の中で、領域を越えた役割とは」
永山祐子 YUKO NAGAYAMA & ASSOCIATES 代表 建築家

■9/11(土)「加速するコミュニケーションデザインとは」
徳田祐司 カナリア 代表 クリエイティブディレクター / アートディレクター

■10/3(日)「世界で最も活躍する BIG だからできること」
カイ・ウエ・バーグマン Bjarke Ingels Group パートナー

■10/16(土)「固有環境から生まれる風景とそこでの行為とふるまいの可能性」
長谷川浩巳 オンサイト計画設計事務所
パートナー/ランドスケープ・アーキテクト、
武蔵野美術大学特任教授

■11/13(土)「地方創生と海外発信をどうリードするのか」
桐山登士樹 TRUNK LTD. 代表 デザインディレクター/プロデューサー
富山県立美術館副館長
富山県総合デザインセンター 所長


------------------------------
【開校に向けて】
------------------------------
福島 大我:ADDReC株式会社 代表取締役(https://addrec.co.jp/)
[画像4: https://prtimes.jp/i/45910/5/resize/d45910-5-262654-2.jpg ]


青木さんとのブレストから意気投合させていただいて、あっという間にカタチになったプログラムです。今このタイミングから実践型の新しいプログラムをスタートすることに大きな意味があると考えます。それぞれの講師の皆さまがモノゴトをどのように捉え、統合的に設計しながら世にブランドや建物、プロダクト、そして仕組みや文化を生み出しているか?そのプロセスを学び吸収することで、受講生の皆さまがこれから先の未来を描く力を身に付けていくことを目指します。僕自身が開校を楽しみにしております。


------------------------------
【ADDReC株式会社について】
------------------------------
イノベーション領域における、企画・コンセプト開発、コンテンツ、コミュニケーション等を統合的にデザインし、空間に実装するプロデュース会社です。

公式HP> https://addrec.co.jp/

PR TIMES

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ