LINE(株)CEOを退任した森川亮氏が明かす! 「考える」とは、物事をシンプルにすること。

5月29日(金)9時0分 ダイヤモンドオンライン

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない——。LINE(株)CEO退任後、ゼロから新事業「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮氏は、何を考え、何をしてきたのか?本連載では、待望の初著作『シンプルに考える』(ダイヤモンド社)から、森川氏の仕事術のエッセンスをご紹介します。


「あれも、これも」と悩まない。

「本質」だけをシンプルに考える。


 会社にとっていちばん大切なことは何か?

 利益? 社員の幸せ? ブランド? 戦略? ビジネスモデル?

 僕は違うと思います。たしかに、どれも大切なことです。しかし、いちばんではない。では、何がいちばん大切か?


 僕の答えはシンプルです。

 ヒット商品をつくり続けること。これしかありません。


 ヒット商品をつくり続ける会社が成長し、ヒット商品をつくることができなくなった会社が滅びる。古今東西、ビジネスを支配しているのは、このシンプルな法則です。


「利益」も「社員の幸せ」も「ブランド」も、ヒット商品が生まれた結果として生み出されるものですし、ヒット商品がなければ「戦略」や「ビジネスモデル」も画に描いた餅にすぎません。だから、ビジネスの本質は「ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること」。それ以外にはないのです。


 そのためにはどうすればいいか?

 これもシンプルです。

 ユーザーのニーズに応える情熱と能力をもつ社員だけを集める。そして、彼らが、何ものにも縛られることなく、その能力を最大限に発揮できる環境をつくり出す。これ以外にありません。


 そのために必要なことだけをやり、不要なことはすべて捨てる。

 僕がやってきたことは、これに尽きます。


 シンプルに考える──。

 これが、僕の信条です。

 悩むのをやめた、と言ってもいいかもしれません。

 悩むとは、なんとなく「あれも大事、これも大事」と迷っていること。結局、何も決められず、行動に移すことができません。あるいは、「あれもこれも」と力を分散させてしまう。しかし、結局、人間が一度にできることはひとつだけ。結果を出すためには、ひとつのことに全力を集中させなければなりません。だから、悩んでいてはダメだと思うのです。


 大切なのは「考える」こと。人が悩むのは、「表面的な価値」に惑わされているからです。だから、「何が本質か?」を考え尽くさなければなりません。そして、最も大切なことを探り当てて、それ以外のものは捨て去る。シンプルに考えなければ、人は何も成し遂げることができないのではないでしょうか?




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

LINEをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ