三洋カーナビ愛称「ゴリラ」残った パナブランドに衣替えでも

5月29日(日)16時0分 J-CASTニュース

   家電大手のパナソニックの完全子会社となった三洋電機。かつての人気商品は今後続々とパナソニック・ブランドとして売り出されるが、そうした中でカーナビの「GORILLA」(ゴリラ)の愛称が引き続き存続することになった。



   一方、「ザクティ」の愛称で親しまれたデジタルムービーカメラは、柄の部分をにぎって撮影する独自の縦型の形状などを踏襲しながらも、愛称は消えることになった。



発売から15年余、シェアはトップクラス

   パナソニックのカーナビに、新たに「ゴリラ」がラインナップされた。パナソニックには「Strada」(ストラーダ)の愛称をもつカーナビがあるが、「ストラーダ」はオーディオ機能を充実した据え置き型の「高級」カーナビとして、「ゴリラ」は「ポータブル」カーナビとして販売していく作戦だ。価格帯は、「ストラーダ」は10万円前後〜25万円。「ゴリラ」は4万円前後〜10万円となっている。



   カーナビの国内出荷台数は2011年(予測)で約315万台。前年に比べて5.0%増を見込んでいる。マーケティング調査の富士キメラ総研は、当面は成長が続くとみている。


   そんなカーナビ市場で「ゴリラ」は、ポータブルタイプのカーナビとしては発売から15年余の歴史があり、トップクラスのシェアを誇る。認知度の高さが「ゴリラ」の愛称が残った要因の一つとみられる。


   「三洋電機とは統合当初から『お互いのいいところは引き継いでいこう』とやっていますから、その結果でしょう」と、カーナビ担当者は話している。



デジタルムービーカメラの「ザクティ」は廃止

   パナソニックは2011年6月25日に、3機種のデジタルムービーカメラを発売する。グリップ感の高い、人間工学に基づいたデザインを採用した形状は三洋製の「ザクティ」のまま。水深3メートルまで潜っても撮れる「HX‐WA10」と、暗い場所でもキレイに撮れる高画質モデルの「HX‐DC15」、野外や旅先で自由に使える小型・軽量デザインの「HX‐DC1」を、「パナソニック」ブランドとして売り出す。


   撮影対象の明るさなどに応じて適切な撮影モードを自動的に変更する機能にはパナソニックの技術が盛り込まれており、両社の強みを生かした新製品として発売されるが、愛称は廃止となった。



   「ザクティ」の愛称が消えることに、ネット上では惜しむ声がある。ほかにも、爆発的な人気商品となっている、お米でパンをつくる「GOPAN」(ゴパン)や、充電して使える蓄電池「エネループ」の愛称はどうなってしまうのか、といった声もある。


   愛称の存廃について、パナソニックは「マーケティング戦略上問題あるのでお話できません」といっている。

J-CASTニュース

「衣替え」をもっと詳しく

「衣替え」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ