ママ注目 女性誌と共同開発の電動アシスト自転車

5月29日(日)19時18分 J-CASTニュース

安全とおしゃれを両立

写真を拡大

   ブリヂストンサイクルは、30代主婦に人気の女性誌「VERY」と共同開発した子供乗せ電動アシスト自転車「HYDEE.B(ハイディビー)」を2011年6月25日に発売する。



   「パパもママも乗れるハンサムバイク」がコンセプト。足の巻き込みを防ぐ大型のフットガードや駐輪時の転倒を防ぐロック機能、幅広スタンドなど、女性が扱うことを前提とした安全設計を採用。一方で、スポーティーなクルーザースタイルを取り入れ、男性も使いやすいデザインにした。


   チャイルドシートは成長に応じて調節可能なヘッドガードやフットレストなどを装備。取り外し自由なので、子供の成長後は普通の電動アシスト自転車としても利用できる。ギアに合わせて、最適なアシスト力を供給する「S.P.E.C.3」機構や、従来の約2倍の寿命を持つ「長生きバッテリー」など最新の電動アシスト機能も搭載。


   13万9800円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

開発をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ