「アンチエイジング」で注目高まる 「フラバンジェノール」ってなんだ

5月29日(火)18時38分 J-CASTニュース

フランス南西部に生育する海岸松の樹皮から取れる「フラバンジェノール」

写真を拡大

   美容への意識が高いこだわり女性の間で、「フラバンジェノール」という成分が注目を集め始めている。フランス南西部に生育する海岸松の樹皮から取れる成分でビタミンCの約600倍もの抗酸化力を持ち、血流改善や美肌への効果が期待されている。



   オリコンではその利用実態を探るべく2012年5月25日、30〜50代女性3470人を対象に行った調査の結果を発表した。


認知度低いが利用者からは高い評価

   まず「フラバンジェノール」自体を知っているか尋ねたところ、認知していた人は29.4%に留まり、また利用経験がある人も4.3%と、まだまだ「知る人ぞ知る」存在であることをうかがわせた。


   しかし実際に利用した人の間ではフラバンジェノールへの評価は高く、77.2%が今後も「利用したい」「まあ利用したい」と回答した。高評価の理由としては「すごく調子がよかったから」(東京都・40代)、「血流改善効果があったから」(神奈川県・50代)といった声が寄せられ、72.5%はフラバンジェノールを「人にもぜひ薦めたい」「機会があれば薦めたい」という。


「シミ・シワ改善」も17.4%

   またフラバンジェノールの利用目的を聞くと、最多を占めたのが「アンチエイジング」で30.2%、以下「血流改善」(24.2%)、「シミ・シワ改善」(17.4%)、「コレステロール値改善」(15.4%)と続いた。実際に利用した商品としては、飲料が大半を占め、サプリメント、美容アイテムが続いた。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

アンチエイジングをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ