走行、燃費性能アップ マツダミニバン「ビアンテ」

5月29日(水)9時35分 J-CASTニュース

マツダ「ビアンテ」(グランツ-SKYACTIV)

写真を拡大

   マツダは2013年5月27日、中型トールタイプミニバン「ビアンテ」をマイナーチェンジし、発売した。車両本体価格は、227万8500円〜282万9750円。



電動両側スライドドアを全車標準装備


   今回のマイナーチェンジでは2WD(二輪駆動)全機種に、高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」と、高効率オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」を搭載した。これにより、走行性能と燃費性能が向上。実用域から高回転域まで力強さを持たせ、変速制御を最適化させたほか、燃費は14.8キロ毎リットル(JC08モード、SKYACTIV-G 2.0搭載車)に向上している。


   また、人気の高い電動両側スライドドアを全車に標準装備としながら、室内や荷室の収納スペースを増やすなど、日常の使い勝手を高めた。


   そのほか機種体系を見直し、ダイナミックなフロントデザインを取り入れた特別仕様車「グランツ」の一部装備を変えて、新たにラインアップに加えた。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「ミニバン」をもっと詳しく

「ミニバン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ