デノンのHi-Fiオーディオの思想をコンパクトに凝縮 CDレシーバー「RCD-M40」

5月29日(金)11時0分 J-CASTニュース

インテリアとコーディネートしやすい2色+2色のラインアップ

写真を拡大

   音響機器などを手がけるディーアンドエムホールディングス(神奈川県川崎市)は、「デノン」ブランドから「D-M40」シリーズのCDレシーバー「RCD-M40」、スピーカーシステム「SC-M40」を2015年6月上旬に発売する。

別売スピーカー「SC-M40」とセットでパフォーマンスを最大限に引き出す


   「RCD-M40」は、デノンのHi-Fiオーディオコンポーネントの設計思想をコンパクトなボディに凝縮したという。CDやFM/AMラジオ、iPhoneやiPad、USBメモリーに保存した音源などを楽しめる。


   USBメモリーからの再生はWMA、MP3のほか、従来モデルから新たにFLAC、WAV、AACファイルに対応。テレビやセットトップボックスなどと接続できる光デジタル入力を2系統とした。スピーカー出力パワーアンプとは別にヘッドホン専用アンプを内蔵。カラーはプレミアムシルバー、ブラックの2色。メーカー希望価格は4万2800円(税別)。


   「SC-M40」は2.5センチ径のソフトドームツイーターと12センチ径のペーパーコーンウーハーの2ウェイ・バスレフ型スピーカー。「RCD-M40」に出力信号特性を最適化するフィルターを搭載しており、セットで使用することで最大限のパフォーマンスを引き出せるという。カラーはチェリー、ブラックの2色。メーカー希望価格は2個セットで1万7800円(同)。

J-CASTニュース

「オーディオ」をもっと詳しく

「オーディオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ