スタクラフェス初登場の2組!作曲家とピアニストの連弾デュオ「鍵盤男子」、のべ40万人を動員するWヴァイオリンとピアノのインスト・ユニット「TSUKEMEN」がセットリスト一部発表&メッセージを公開!

5月29日(水)11時40分 PR TIMES

株式会社イープラス(東京都渋谷区、代表取締役社長:倉見尚也)は、国内最大の全野外型クラシック音楽祭『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019(通称:スタクラフェス)』(2019年9月28日(土)と29日(日)の2日間、横浜赤レンガ倉庫特設会場にて開催)に初出演となる鍵盤男子、TSUKEMENのセットリストを一部発表、本人メッセージを公開いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-793186-0.jpg ]

スタクラフェスは、“STAND UP!”の名の通り、コンサートホールを飛び出し、野外でビールやワインを片手にクラシック音楽を聴いたり、風光明媚な横浜港の青空からサンセット、夜景と潮風や汽笛のサウンドスケープを感じながら、家族や仲間と芝生に寝そべってピクニックの様に過ごすこともできる快適な空間と、クラシックの名曲を中心にミュージカルやアニメ音楽とオーケストラのコラボレーションまで、1日で100曲以上を楽しむことができる贅沢な音楽祭です。

今回スタクラフェスに初登場となる鍵盤男子は、28日の「プレミアムサンセット」に出演。大人気曲「The future of piano」をはじめ「bolero」や「power toccata」などを超絶技巧を駆使した高速連弾でお届けすることが決定いたしました。
また、同じく初出演となるTSUKEMENは29日の「プレミアムサンセット」に出演。ベートーヴェン「月光」からアヴィーチー「WAITING FOR LOVE」まで、クラシックはもちろんEDMなど多彩な楽曲を、野外フェスならではのスペシャル・バージョンで披露。それぞれが各日のGRASS STAGEのフィナーレを華やかに彩ります。

チケットは、6月9日(日)23時59分までお得な早割2次先行を受付中。公式WEBサイト(https://standupclassicfes.jp)でご確認ください。

【鍵盤男子よりメッセージ】

[画像2: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-965047-1.jpg ]



[表1: https://prtimes.jp/data/corp/1004/table/55_1.jpg ]



【鍵盤男子プロフィール】
繊細かつダイナミックな音楽を奏でるピアニスト、大井健。
あらゆるジャンルの音楽を自在に表現する作曲家、中村匡宏。
2011 年に新しい時代の到来を告げる“作曲家とピアニスト”のふたりが新感覚ピアノデュオ『鍵盤男子』を結成。
超絶技巧を駆使した高速連弾や観客と一体となるコンサートが人気を呼び、多様な会場で活動中。2014年アルバム『Bon Voyage』をリリースし、初めての全国ツアーを行う。2017 年 11月アルバム『The future of piano』でワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。
2018 年 BD『The future of piano FINAL』リリース後、全国ツアー『The future of piano』は全会場 SOLD OUT、同年 2 回目の全国ツアー『ピアニズム』ともに大盛況で終える。
テレビ、ラジオ、音楽誌、新聞等にも多数出演。


[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=FLgBtQZHIPM ]


【TSUKEMENよりメッセージ】
[画像3: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-858131-2.jpg ]


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/1004/table/55_2.jpg ]



【TSUKEMENプロフィール】
Wヴァイオリン(TAIRIKU・KENTA)とピアノ(SUGURU)によるインスト・ユニット。
2008年のデビューから500本を超える公演を開催し、現在までにのべ40万人の観客を動員。
日本国内だけにとどまらず、欧米やアジアなど世界の舞台でも観客を魅了。10周年記念アルバム「X」(テン)など、発売したCDは次々とクラシック・チャートにおいて1位を獲得。
10周年を迎えた2018年は、史上初のバンド・バージョンTSUKEMEN-NEWXTとしてもライブツアーを開催。
2016年リオ・2018年平昌と、J:COMグループが放送する五輪中継番組のテーマ曲を担当。
クラシックでもない、ポピュラーでもない、「TSUKEMEN」 というジャンルが確立されている。
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=WcwqqYv5e8s ]


【会場イメージ】
[画像4: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-640078-3.jpg ]

HARBOR stage
横浜港をバックに構えた、大規模のオーケストラを収容可能なメインステージ。ステージ前には約4000席の座席が設けられ、大型スクリーンの設置も予定。ロマンチックな風景とマッチした感動のオーケストラ演奏をどこからでもご堪能いただけます。

GRASS stage
開放的な芝生に囲まれた、約4000人を収容可能なステージ。立ったり座ったり、時には寝そべったりしながら、自由なスタイルでお過ごしいただけます。コンサートホールでは聴くことのできない、クラシック音楽と豊かな緑との調和をお楽しみください。
[画像5: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-996852-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-273206-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-123113-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-770472-7.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-475182-8.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/1004/55/resize/d1004-55-664211-9.jpg ]

【公演概要】
「イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019」
■開催日時:2019年9月28日(土)29日(日)開場9:30/開演10:30(20:20終演予定)
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場
■出演者(50音順)
【総合司会】松下奈緒【特別出演】五嶋龍(ヴァイオリン)
【ソリスト】朝夏まなと/伊礼彼方/上野耕平(サックス)/エリアンナ/紀平凱成(ピアノ)/北川辰彦(バスバリトン)/鍵盤男子/五嶋龍(ヴァイオリン)/小林沙羅(ソプラノ)/昆夏美/反田恭平(ピアノ)/TSUKEMEN/DEPAPEPE/NAOTO(ヴァイオリン)/西村悟(テノール)/福間洸太朗(ピアノ)/藤田真央(ピアノ)/松下奈緒(ピアノ)/三浦一馬(バンドネオン)/宮本笑里(ヴァイオリン)/LE VELVETS
【指揮】青島広志/松沼俊彦
【アンサンブル】シアター オーケストラ トーキョー/STAND UP! ORCHESTRA and more...

■チケット
【プレミアムシート(指定席)】25,000円 → 早割2次先行価格:21,000円
【自由席 エリアA(ブロック指定)】13,800円 → 早割2次先行価格:11,000円
【自由席 エリアB(ブロック指定)】9,800円 → 早割2次先行価格:9,000円
【芝生エリア(自由)】8,800円 → 早割2次先行価格:7,800円
【芝生エリア(半日券14時まで)】5,500円

※全て税込み
※芝生エリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※プレミアムシートは指定席、自由席エリアA・Bはブロック指定となります。
※プレミアムシートは先行期間中のみの販売となります。
※【芝生エリア(半日券14時まで)】は、夜まで楽しみたいけど、小さなお子様がいてお昼過ぎまでしかいられない方の為にご用意した枚数限定の特別なチケットです。開場から14時まで芝生エリアのみご利用いただけます。
※その他の券種については、公式WEBサイトをご覧ください。

■チケット販売スケジュール
【早割2次先行】5月24日(金)12:00〜6月9日(日)23:59
【早割最終先行】6月10日(月)12:00〜6月26日(水)23:59
【一般発売日】6月29日(土)10:00〜
受付URL:https://eplus.jp/stacla/

■クレジット
主催:イープラス/朝日新聞社
協賛:クレディセゾン
後援:神奈川県/横浜市文化観光局/テレビ埼玉/BSフジ/FMヨコハマ
企画制作:イープラス/Zeppライブ
制作協力:クリエイティブマンプロダクション
協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
お問合せ:イープラス 0570-02-1144 (受付時間10時〜18時・土日祝含む)

■「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019」公式WEBサイト:https://standupclassicfes.jp
■e+(イープラス):https://eplus.jp/
■株式会社イープラス:https://corp.eplus.jp/

PR TIMES

「作曲家」をもっと詳しく

「作曲家」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ