原宿系音楽エンタメグループZOLA初のワンマンツアー『ZOLA LIVE TOUR 2017〜おいでよZOLAん家〜』 初日東京公演が暖かな声援の中スタート!!

5月30日(火)16時30分 @Press

株式会社プラチナムピクセル(所在地:東京都渋谷区)は、当社所属のアーティスト・ZOLAが初のワンマンツアー『ZOLA LIVE TOUR 2017〜おいでよZOLAん家〜』を2017年5月27日(土)に東京・ESPミュージカルアカデミーにてスタートいたしましたので、その模様をお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129570/LL_img_129570_1.jpg
LIVE写真1



ツアー特設サイト
http://zola-oideyo.com/


■ツアー初日、ライブレポート
1DJ+3ボーカルを擁する原宿系音楽エンタメグループ・ZOLAが、前作から約1年ぶりとなる3rdミニアルバム『HOME』を引っ提げて、全国6都市7公演に及ぶ待望のワンマンツアーを開催。5月27日に東京・ESPミュージカルアカデミーで初日の幕を開け、温かな声援の中で順調な船出を果たしました。

ZOLAの初のワンマンツアーということで、会場には約300人のファンが詰めかけました。後方のDJブースに陣取るDJ 2Gを従え、ステージ前面に揃ったボーカル陣が「調子はどうですか?ライブ始めます!」と煽ると、フロアは赤青緑白とカラフルなペンライトの光でいっぱいになりました。

そして5月20日にリリースされたばかりの『HOME』にも収録されている「FUNKY PARTY」で、オーディエンスとコール&レスポンスを交わしながら軽快にライブがスタート。以降「パリピ☆」でタオルを回し、「LiFE」「烏龍GIRL」ではクラップと、爽やかなアッパーチューンを畳みかけて、着実に客席との一体感と熱を蓄積。そんな中で時折前方へと飛び出し、マイクを握ってラップを放つDJ 2Gの躍動感も楽しいライブとなりました。

彼らの最大の魅力は、やはりその歌声。『ZOLA PROJECT』制作にあたり数多くの候補者から選抜され、専門のボイストレーニングを積んできたリーダーのなのっくす。と、まういを筆頭に、彼らの聴き手を選ばないマイルドな歌声には老若男女、誰の耳にも心地よく響く浸透力の高さがあります。

なのっくす。が22歳になった今でも母親に下着を洗濯してもらっていることを暴露して失笑をかうと、そんな母を「かけがえのない人」と称して「One and Only」へと繋げる見事な展開からは、その歌声をたっぷり聴かせるミドルなブロックに突入。
『HOME』収録の「ハレルヤ」や、「僕らの帰る場所がみんなであり、みんなの帰る場所が僕らであってほしい」という時人の言葉に続く表題曲「HOME」では四声の厚みある、しかし柔らかなユニゾンでフロアを温かく包み込んでいきました。

そんな作品に込めた想いを形にすべく、今ツアーではファン参加型の企画も数多く盛り込まれていました。各会場でオーディエンスの声を録音して音源化しようという“歌おう!ZOLAん家”では、客席中で「HOME」のサビを合唱。また、トークでは相手のワガママをどれだけポジティブに受け流せるか?という神対応を競い合って場内を笑いで満たし、毎公演ランダムで誰か一人が務めるというソロコーナーでは、時人が情感豊かにラブバラードを聴かせてトークとは真逆のシリアスな表情を見せました。さらに、今ツアーでは撮影タイムが1曲設けられており、そこで着てほしいコーデをファン投票した“着せよう!ZOLAん家”では、学ラン姿で登場した4人に黄色い歓声が飛び交いました。そしてラップを織り交ぜ4人がステージ上を行き交う「Ez Come Easy Go」では、必死でスマホをステージに向ける女子たちが微動だにしないままコールを叫ぶという、なかなかにシュールな光景が繰り広げられました。

デジタリックな四つ打ちビートが打ち鳴らされる「Shine over」以降、終盤はダンサブル&アグレッシブなゾーンへと雪崩れ込み、再びオーディエンスと一体に。彼女らの振り上げるペンライトの光と声も熱を増し、最後は今ツアーのリーダー・まういが「この1年、言葉というものが相手に与える力の強さを知った」とファンに、スタッフに、メンバーに「ありがとう」と告げてから、その想いを歌に乗せた「Make Happy」を贈りました。全力の歌声を聴かせた彼らを求める声に応え、アンコールで再登場すると、まずは元気に初期曲「じょいなす!」さらに「僕たちというスパイスで、皆さんの人生が良いLIFEになりますように!」と再びの「LiFE」で跳ねまくり、笑顔のうちにツアー1本目を締めくくりました。

「初めてのツアーです。成功して最高の思い出にしましょう」(まうい)
「ZOLAのツアーでは毎回、最良のものを提供していきたい」(DJ 2G)
「いつものライブとそんなに変わらなかった気もするけど、テンションが上がりすぎて、白目向いてた時もあったと思う(笑)」(時人)
「今回は僕たちのやりたいことをワガママに詰め込んだ等身大のツアー。ここで出港させていただけてよかったです。僕が舵を取るので、しっかり後押ししてください!」(なのっくす。)

そう意気込みと感想を語ったZOLAのツアーは、始まったばかりです。「みんなの人生を豊かなものにしてほしい」と歯を食いしばってみせた4人の旅路は、7月6日のツアーファイナル東京・EX THEATER ROPPONGIまで、各地に寄港しながら続いていきます。


■『ZOLA LIVE TOUR 2017〜おいでよZOLAん家〜』開催概要
5月27日(土) 東京 ESPミュージカルアカデミー12号館 club 1ne2wo
6月 4日(日) 仙台 darwin
6月11日(日) 福岡 BEAT STATION
6月23日(金) 札幌 KRAPS HALL
6月24日(土) 名古屋 Electric Lady Land
6月25日(日) 大阪 ESAKA MUSE
7月 6日(木) 東京 EX THEATER ROPPONGI

ツアー特設サイト
http://zola-oideyo.com/


■ZOLAとは
ヤマハのボーカロイドソフト「ZOLA PROJECT」の実際に声を担当した人気読者モデル3人で結成され、2014年にメジャーデビューを果たしたボーカルグループ。
読モから俳優まで活動の幅を広げるリーダーのなのっくす。まういのオリジナルメンバーに加え新たに時人、DJ 2Gが加入した1DJ,3ボーカルの原宿系音楽エンタメグループとして生まれ変わり活動をスタート。

[MEMBER]
なのっくす。/まうい/時人/DJ 2G

公式サイト: http://zola-lab.jp/


【本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先】
ZOLA OFFICIAL
E-Mail:info@zola-lab.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ