タイにある「北朝鮮レストラン」の料理が意外なウマさだった

5月31日(水)10時0分 Excite Bit コネタ

<>
こんにちは。タイ・バンコク在住のイラストレーター・ふっくらボリサットです。
「北朝鮮レストラン」がバンコクに存在しているという噂を聞き、行ってまいりました。

在住日本人のブログなどで事前に情報収集したところ、
・それほどうまくないし割高
・日本人は邪険に扱われる
・我々の飲食代がミサイルになると思うと複雑

など、来店意欲をゴリゴリ削られる記述が目立ちますが…。

事前情報の真偽はさておき、偏見は捨ててグルメレポートに徹したいと思います!

バンコクの北朝鮮レストランへの行き方


<>
バンコクの中心地サイアムから電車で20分弱でBTSオンヌット駅へ。
オンヌット駅からはタクシーで50バーツぐらい(約150円)です。
駅から15分ほどでつきましたが、オンヌットsoi 8(8番通り)にあり、絶妙にめんどくさい位置にあります。

<>
オンヌット通りから。
通り沿いにハングルの看板が出ているのですぐわかるはず。

これがバンコクの北朝鮮レストラン・「ピョンヤンアリラン館」だ


<>
夜行ったのと外の照明が少ないため建物の外観はよく見えてませんが、普通のビルの1階です。

アニョハセヨ〜!
<>
<>
クリスマスみたいな飾り付けがあるものの、なんか寒々しい雰囲気が払拭できていない店内。
でも清潔そうなので高評価!

<>
<>

ところでショーが見たいんだけど


事前に調べた情報によると、チマチョゴリを着たダンサーが歌い踊るショータイムがあるという。
それはぜひ見たい!
たしかに店内にステージらしきものがあるがカーテンが閉まっている。
<>
チマチョゴリでのショー絶対見たいよ〜!ということでウエイトレスさんに聞いてみた。

<>
なんと…!!残念。
しかもなんだその理由は! 暑季休暇ってこと? 夏バテで体壊したの?(真偽不明)
2017年7月頃からショーが見られるようです。
そのころにまた行ってみたいと思います!

ところで気になるお味は


10分ぐらいで料理が続々と到着。

・お通し
<>
まずくはないけどそこまでうまくもない普通のキムチでした。ちょっと辛め。

お通しを食べてみて、まあこんなもんかなー…と味への期待が薄れてきたのだが、
このあと怒涛のデリシャスフェスティバルが開催されることになる。
<>

・ピョンヤンソジュ(平壌焼酎)一杯100バーツ(約326円)
<>

私はお酒が飲めないので同行者2名に感想を聞いてみました。

「まったく癖がなくて飲みやすい、美味しい」
「取っ手付きのコップで焼酎飲んだの初めて」
「何でできてるんだろう?というくらい飲みやすい」とのこと。

・高麗人参茶 50バーツ(約163円)
<>

私はノンアルコールということで高麗人参茶を注文。
さっぱりしてるけどほんのり甘くてホッとするお味。
なんとティーバッグを一つおまけでくれました。太っ腹!

・お惣菜三種盛り (お値段をメモしてくるのを忘れました)
<>

奥の黒いのは「ピョンヤンコサリ」だそうです。
コサリって何?と調べたらワラビのことだそうな。

う、うま〜〜!!
ごま油の風味が効いてて、日本人の舌にあいそう。
右の酢の物もさっぱりしていて大変美味でございました。
手前の茶色いのは普通だった。

・コリアンソーセージ Korean Sausage 199バーツ(約649円)
この料理についてはまずメニューに乗ってた写真をご覧いただきましょう。
<>

なにこれグロい!と同行の友人が即注文。
なんでこんなに黒いの?大丈夫なの?

そして運ばれてきた実際の料理がこちら。
<>

アレッ、メニューの写真は結構グロかったのに本物はきれいだぞ!
中に米が詰まってて、味は胡椒がかなりきいてます。
おこわとか食べてる感じでめっちゃ箸がすすむ!
これをおかずにしてご飯食べたい!


・チヂミ(Seafood and leek pancake)149バーツ(約486円)
<>

ホクホク柔らか&フチのところがサクサクカリカリ。ジューシー!
これ頻繁に食べたい! 毎日は飽きそうだけど3日に一度は食べたい!

・チキンスープとご飯(Chicken soup and boiled rice)149バーツ(約486円)
<>

ウウッ…めちゃくちゃほっとする…
出汁…旨味…鶏肉がホロリとくちのなかで崩れる…
ネギとゴマと鶏肉のマリアージュや(重婚)
写真撮り忘れたけどご飯(タイ米)がつきます。
雑炊にして食べるとまた最高。


ビビンバ 299バーツ(約976円)

<>
<>
<>

ウエイトレスさんが混ぜてくれました。
写真3枚も使っといてなんですが味は普通。
散々デリシャスフェスティバルだったけど、ビビンバにてフェスティバル終了。
特筆すべきうまさではないけど普通に美味しかったです。

北朝鮮料理というものを今回はじめて食べましたが、全体的に「あんまり辛くない韓国料理」という印象でした。
優しい味のものが多く、日本人の好みにマッチしそう!

そして気になるお値段は
<>

3人でお腹いっぱい食べて
1,255バーツ(2017/05/17現在 4,089円)= 1人418バーツ 1363円

もちろんバンコクの屋台などに比べたらかなり割高ですが、珍しい北朝鮮料理がこのお値段で食べられるのはかなり嬉しい。

まとめ
国際情勢の事はさておき、レストランで働いてる人は全くもって普通でした。
店内の写真とっても何も言われないし、日本人だからと言って警戒されることもなかったです。
むしろ平均的なタイ人の接客よりもホスピタリティ高かったかもしれない。
(文化の違いとはいえ、タイ人店員はお客さんに対して「ハァ?」とか舌打ちとか普通にしてくるのでたまに心折れる)

何よりご飯が美味しかった。
特にチヂミとチキンスープはリピート決定です!

私が写真を撮りまくっていたためか、ウエイトレスさんに
「あなたのフェイスブックだかインスタだかブログだかでこのレストランをintroduceしてちょうだい」と言われました。

<>
観光でバンコクに来た人にはちょっと行きづらい場所にあるけど、
普通のバンコク観光に飽きた方、バンコク在住の方にはオススメです。

私は7月になったらショーを見にまた行きたいと思っております!
(ふっくらボリサット)

Excite Bit コネタ

タイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ