恋愛文学の"型破り"な傑作 美男・鮎太朗ふられまくりの結末は?

5月31日(火)12時10分 J-CASTニュース

『わたしの彼氏』

写真を拡大

   講談社は2011年3月11日、青山七恵氏が恋愛の不思議をユーモラスに綴った長編小説『わたしの彼氏』を発売した。



   大学2年の主人公・鮎太朗は美男なのだが、どうも女運がいいとはいえない。鮎太朗を好きになる女性は多いものの、結局彼女たちは鮎太朗を振ってしまうのだ。若い世代における恋愛の素晴らしさ、難しさ、はかなさといったものが渾然一体となり、最後には読み手にほっこり温かな何かをもたらす。


   恋愛文学の"型破り"な傑作といえるだろう。


   単行本、394ページ。定価1680円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「文学」をもっと詳しく

「文学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ