BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

『法定相続情報証明制度』について相続弁護士がサポートを開始します!

PR TIMES5月31日(水)16時5分
画像:『法定相続情報証明制度』について相続弁護士がサポートを開始します!
写真を拡大
画像:『法定相続情報証明制度』について相続弁護士がサポートを開始します!
写真を拡大
画像:『法定相続情報証明制度』について相続弁護士がサポートを開始します!
写真を拡大
〜平成29年5月29日から始動〜

法定相続情報一覧図の写しがあれば、相続財産である不動産の登記や亡くなった方の名義の銀行の口座の解約等ができるようになるため、手続きにもっていく書類は減り、費用も安く済むようになることがこの新制度のメリットです。
平成29年5月29日から、法定相続情報証明制度というものが始まり、相続の手続が簡易化されるといわれています。
デイライト法律事務所では、この新制度についてサポートを開始しました。

平成29年5月29日から、法定相続情報証明制度というものが始まり、相続の手続が簡易化されるといわれています。デイライト法律事務所では、この新制度についてサポートを開始しました。
相続弁護士がこの新しい制度について解説いたします。


■従来の不都合点とは

[画像1: https://prtimes.jp/i/26245/2/resize/d26245-2-731691-1.jpg ]

従来は、相続財産の登記や亡くなった方の名義の銀行の口座の解約をするには、毎回、亡くなった方の法定相続人が誰であるかを証明するための戸籍謄本等を提出する必要がありました。

そして、その手続きを同時に進めようとすれば、沢山の戸籍謄本等の束を何個も用意する必要があり、その費用は塵も積もればで、結構な額になってしまうことが少なくありませんでした。


■新制度により手続きは楽になる?

しかし、法定相続情報証明制度が開始すれば、一定の手続きを踏むことで登記官から認証文付きの法定相続情報一覧図(以下「認証一覧図」といいます)というものを発行してもらえるようになります。

そして、この認証一覧図さえあれば、相続不動産の登記手続や銀行等の金融機関での手続を戸籍謄本等の束なしで行うことができるようになります。
その意味で、法定相続情報証明制度を用いることによって、相続の手続きは楽になる面があるといえます。


■新制度の流れ

法定相続情報証明制度を用いるためには、以下の手続きが必要になります。

(1) 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等、及び相続人全員の戸籍謄本の収集
(2) 法定相続情報一覧図を作成
(3) 申出書と上記一覧図を登記所に提出
(4) 登記官による確認・認証一覧図の交付

つまり、手続きをする相続人が戸籍謄本等を揃え、法定相続情報一覧図というものを作成して登記所に提出することで、登記官から一覧図に認証をもらい、その後は、認証文付き法定相続情報一覧図の写しを無料で交付してもらうことができるようになるということです。


■新制度のメリットと留意点

[画像2: https://prtimes.jp/i/26245/2/resize/d26245-2-222089-0.jpg ]

前述のとおり、認証一覧図の写しで、相続財産である不動産の登記や亡くなった方の名義の銀行の口座の解約等ができるようになるので、何度も戸籍謄本等の束を取得する必要はなくなり、手続きにもっていく書類は減り、費用も安く済むようになることがこの新制度のメリットといえます。

しかし、そもそも亡くなった方の相続人を確定するための戸籍謄本等を収集するのが手間なのですが、1度はすべての資料をそろえなければならないことには変わりありませんので、その点には留意が必要でしょう。

相続人は、一度は手間をかけなければならないのです。この点については、より一層の制度改善が望まれます。

弊所では、この新制度について、相続弁護士が相談や手続の代行等のサポートを開始しました。

また、相続人調査の代行も行っておりますので、戸籍謄本等の収集が面倒だという方、収集の仕方が分からないという方は、ぜひ一度ご来所ください。


[画像3: https://prtimes.jp/i/26245/2/resize/d26245-2-533610-2.jpg ]

弁護士紹介
弁護士法人デイライト法律事務所
弁護士・税理士・FP 入野田智也


相続特化サイト:http://www.shoukei-law.jp/

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
情報のまとめ・写真 弁護士のまとめ写真 平成のまとめ・写真 新制度のまとめ写真

「情報」をもっと詳しく

注目ニュース
スマホ4年縛り「違法の恐れ」…利用者囲い込み 読売新聞6月22日(金)7時19分
スマートフォンを4年間の分割払いで販売する「4年縛り」と呼ばれる販売プランについて、公正取引委員会が近く、独占禁止法などに違反する恐れがあるとの見解を示すことがわかった。一度加入すると他の携帯会社に乗り換えるのが難しく、利用者を不当に囲い込んでいる恐れがあると判断した。同プランを提供する携帯大手は見…[ 記事全文 ]
「やる気」が起きないときの意外な対処法 ダイヤモンドオンライン6月22日(金)6時0分
「明日やろう」「新年度から始めよう」「締切が近づいたら手をつけよう」……私たちが、普段の生活や仕事の中でついやってしまうのが「先延ばし」だ…[ 記事全文 ]
なぜ外国人は日本でキットカットを買う? CMが効かない時代の新ブランド論 Forbes JAPAN6月21日(木)8時30分
「抹茶味のキットカットが一番売れている小売店をご存知でしょうか?」「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018『Branded…[ 記事全文 ]
鉄鋼関税、日本製一部除外=不二越の申請認定—米商務省 時事通信6月21日(木)12時41分
【ワシントン時事】米商務省は20日、鉄鋼の輸入制限措置で、一部の品目を追加関税の適用除外にすると発表した。第1弾として、日本と中国、ドイツ…[ 記事全文 ]
学校教育に頼らず一流になる人の共通点 プレジデント社6月20日(水)9時15分
■親の経済力が低くても独学する人は大成する教育機会における「格差」の問題が引き続き関心を集めている。アメリカにおいて、ホームスクーリングは…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア