長嶋修『マンションバブル41の落とし穴』本日発売

2024年5月31日(金)11時46分 PR TIMES

発売前から大反響!“新時代”のマンション教科書

 個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを行う“不動産の達人株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/社長:大西倫加)会長・不動産コンサルタントの長嶋修と同社が共著した『マンションバブル41の落とし穴』が、株式会社小学館より5月31日(金)に発売いたしました。
 今月8日(水)に予約開始し、3日と経たずAmazonの売れ筋ランキングの5つのカテゴリーで1位を獲得*した、長嶋の新著が5月31日(金)に発売されます。特設ページでは、購入者限定特典ほか、著者による書籍の解説動画コンテンツも公開中です。
 詳しくは下記をご覧いただき、本件に関する取材やご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。また、読者プレゼントなどをご要望のメディアさまには、献本させていただきますので、お申し付けください。

*「投資・金融・会社経営の不動産投資」「産業研究の不動産」「産業研究の不動産投資」「不動産一般関連書籍」「小学館新書」カテゴリー(2024/5/10付)

「格差」が拡大するマンション市況でどう生き抜く?
 マンションのこれからの資産価値は、立地だけでは判断できず、多面的な資産価値が問われる新時代に突入します。すでに同立地でも資産価値に差が出ており、維持管理状態次第では、自力で中古マンション市場における競争力をつけることも可能になってきているのも事実です。
 本書では、素人にはなかなか見極めが難しいマンションの資産性を落とす様々な「落とし穴」を具体的な事例とともに提示。「“新時代”に資産価値が落ちないマンション購入術」をマンションのプロが伝授する一冊となっています。

『マンションバブル41の落とし穴』
[画像1: https://prtimes.jp/i/2667/57/resize/d2667-57-c92f96eccab68c4d9bfe-0.jpg ]

著者:長嶋 修 さくら事務所

発売日:2024年5月31日(金)
価格:990円(税込)
新書:192ページ
出版社:小学館

第一章 今、絶対に知っておきたいマンション選びのポイント
第二章 理想のマンションと出会うための必勝プロセス
第三章 無知と無関心がタワマンを廃墟に変える
第四章 マンションの資産性を高めるために

Amazon他書店にて発売中!

[画像2: https://prtimes.jp/i/2667/57/resize/d2667-57-acc7f04f3514e0acbd3a-1.jpg ]

さくら事務所創業者・会長・不動産コンサルタント長嶋 修 (ながしま おさむ)
1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立、現会長。2008年、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会設立、理事長に就任。2018年、らくだ不動産株式会社の会長に就任(現顧問)。様々な活動を通して『中立な不動産コンサルタント』としての地位を確立。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。新著に『バブル再び 日経平均株価が4万円を超える日』(小学館新書)他、著書・メディア出演多数。NHKドラマ『正直不動産』監修。

<購入者限定特典>
全員特典:スペシャル動画
著者たちが語る!「本に書ききれなかった42個目の落とし穴」

先着特典:新サービスモニター
新築マンションを熟知するプロがお届け!
内覧会トータルサポート or 長期修繕計画簡易チェック


※購入特典を受けるには特設ページ内の受付フォームより申し込みが必要です。

特典の詳細・お申し込みは以下特設ページより!
https://www.sakurajimusyo.com/mansion-trap-book/

プレスリリースは下記からダウンロードいただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d2667-57-bdb9cabf88bf96a7ab152e663b05c553.pdf


■不動産の達人 株式会社さくら事務所■ (東京都渋谷区/代表取締役社長:大西倫加)
http://www.sakurajimusyo.com/ 
株式会社さくら事務所は「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を理念として活動する、個人向け総合不動産コンサルティング企業です。1999年、不動産コンサルタント長嶋修が設立。第三者性を堅持した立場から、利害にとらわれない住宅診断(ホームインスペクション)やマンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関する様々なアドバイスを行う「不動産の達人サービス」を提供、66,000組を超える実績を持っています。

PR TIMES

「マンション」をもっと詳しく

「マンション」のニュース

「マンション」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ