ICT活用・自治体連携による進化した『次世代型駐車場』を広島県内に初開設

6月1日(木)11時0分 @Press

三井不動産リアルティ株式会社(以下、三井不動産リアルティ)、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)、テルウェル東日本株式会社(以下、テルウェル東日本)は、自治体と連携した大画面ディスプレイによる地域情報発信や、自治体と共同で整備を進めているフリーWi-Fiのアクセスポイント、災害対策用品の備蓄機能を備えた『次世代型駐車場』を「三井のリパーク」として初めて広島県内に開設します。


1.背景
三井不動産リアルティ、NTT西日本、テルウェル東日本の3社は、2016年5月に協業契約を締結(※1)して以来、「安心安全」、「先進性」、「環境配慮」、「災害支援」の4つのキーワードを軸に駐車場づくりを進めてまいりました。具体的には、三井不動産リアルティが提供する「三井のリパーク」駐車場に、NTTグループが提供するICTサービスを備えた「高機能自動販売機」を設置した『次世代型駐車場』を、これまで全国4拠点に展開しています。
私どもは、社会インフラとしての駐車場の機能をより高め、さらなる地域社会への貢献を実現するためには、自治体と連携した取り組みが効果的であると考えています。
そこでこのたび、広島市、呉市、東広島市の賛同を得て、一段と機能を充実させた『次世代型駐車場』を、2017年6月1日(木)に広島市内で新規開設する運びとなりました。さらに、今回開設する広島市内の1拠点を含む、広島県内の計11拠点に「高機能自動販売機」を設置した『次世代型駐車場』を順次展開します。
※1 「三井のリパーク」駐車場にICTサービスを備えた「高機能自動販売機」を神戸市で導入(2016年5月23日発表)


2.概要
大画面ディスプレイによる情報配信機能を備え、進化した『次世代型駐車場』を広島市内の「三井のリパーク」猿猴橋町第3駐車場に開設します。そのほか、各種ICTサービス、災害支援機能を搭載し、ラッピングデザインが施された「高機能自動販売機」を設置した駐車場を、広島県内の計11拠点(※2)に展開します。
※2 今回開設する「三井のリパーク」猿猴橋町第3駐車場を含む。

-『次世代型駐車場』の特長-
(1) 「三井のリパーク」として初の自治体連携による情報配信
(「三井のリパーク」猿猴橋町(えんこうばしちょう)第3駐車場)
広島駅やマツダスタジアムに近い立地を活かし、NTTグループが提供するサイネージ機能により、駐車場に設置する60インチの大型ディスプレイにて、自治体が提供する観光情報などの配信を行います。これにより、観光などを目的に訪れる方々に向けた情報発信ステーションとしての役割を担います。

サイネージ : https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/img_128662_1.jpg
観光情報(広島市) : https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/img_128662_2.jpg
観光情報(東広島市): https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/img_128662_3.jpg

(2) フリーWi-Fiおよび多言語翻訳機能の面的展開(広島県内11拠点)
NTT西日本と広島市、広島広域都市圏内の市町などが共同で整備している無料公衆無線LANアクセスサービス「Hiroshima Free Wi-Fi Lite」および、NTTグループが提供している多言語翻訳機能(QR Translator)(※3)を今回展開する11拠点全てに整備します。
多言語翻訳機能は、訪日外国人観光客へ駐車場の利用方法を案内可能とします。
※3 利用者がスマートフォンなどの携帯端末でQRコードを読み取ることで、ユーザ端末に設定された言語に合わせ、駐車場の利用方法などを翻訳して表示することができる機能です。

(3) 地域の特色をデザインした自動販売機の設置(広島県内11拠点)
「三井のリパーク」が広島県内で展開する駐車場のうち11拠点に、地域の特色をモチーフとしたラッピングデザイン自動販売機を設置することで、地域活性化に貢献するとともに、地域の皆さまにより親しみを持っていただける駐車場をめざします。

広島市(原爆ドーム・平和記念公園)
https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/img_128662_6.jpg
呉市(瀬戸内の島々と船舶)
https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/img_128662_7.jpg
東広島市(西条の酒蔵通り)
https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/img_128662_8.jpg

(4) 駐車場スペースを活用した災害支援 ‐ 停電時の飲料無償提供(広島県内11拠点)
地域の避難スポットとして、停電時には自動販売機に内蔵されたワイヤー操作により貯蔵飲料が無償で提供できます。また、一部拠点ではダストボックス上部の空きスペースに非常食や簡易トイレ、レスキューシートなどの災害対策用品を備蓄しています。


3.開設日
2017年6月1日(木)に、「三井のリパーク」猿猴橋町第3駐車場を新規開設します。
その他の10拠点については、2017年6月以降、順次展開します。


4.各社の役割
(1) 三井不動産リアルティ
・展開する駐車場の土地および設備などの提供
・『次世代型駐車場』における導入サービスの検討・効果検証
・地域の特色をモチーフにしたラッピングデザイン自動販売機の提供

(2) NTT西日本
・駐車場へのネットワーク回線の提供(※4)
・自治体との連携に向けた提案などの諸対応
・ICTソリューションの構築・運用実績ノウハウを活かしたサービス検討
※4 NTT西日本のフレッツ光などネットワーク回線の提供エリアは、西日本エリア(富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県)です。

(3) テルウェル東日本
・ICTサービスを組み込んだ「高機能自動販売機」の開発、設置
・自動販売機貯蔵飲料や防災対策用品といった災害支援サービスの提供


5.今後の展開
ICT活用、自治体連携を軸とした本次世代型駐車場は、今後、全国1万拠点以上ある「三井のリパーク」駐車場の中から自治体とも連携し積極的に展開を検討していきます。
さらに、3社が有するノウハウを活かした新たなICTソリューションの形として、シェアリングサービス(カーシェアリングや駐車場シェアリング)など、『次世代型駐車場』の一層の付加価値向上に取り組みます。


6.別紙・参考資料
別紙1 ICTサービスを組み込んだ「高機能自動販売機」の概要
https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/att_128662_1.pdf
別紙2 駐車場スペースを活用した災害支援機能の概要
https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/att_128662_2.pdf
別紙3 駐車場開設リスト
https://www.atpress.ne.jp/releases/128662/att_128662_3.pdf

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

広島をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ