もっと気軽に、もっと手軽に、楽しく星空を写す「AP星空雲台」6月9日(金)発売天体望遠鏡APシリーズから生まれたポータブル赤道儀

6月1日(木)13時0分 @Press

総合光学機器メーカー株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、天体望遠鏡APシリーズから生まれたポータブル赤道儀セット「AP星空雲台」を2017年6月9日(金)に発売します。

<製品特徴>
◆軽量ながら耐荷重6kgの本格派赤道儀
本体重量1.5kg(※)と軽量ボディながら、搭載可能重量は6kgを実現しました。軽量な三脚との組み合わせで、抜群のポータビリティを発揮します。撮影スポットを求めて野山を歩き回る、アクティブな撮影の強い味方となります。また、大型のフルサイズカメラや望遠レンズでも、スライド雲台プレートDD(付属)やAPフォトガイダー用ウェイト軸(別売)、バランスウェイトWT1.0kg(別売)などを組み合わせることでバランスをとることが可能になり、より安定した撮影をお楽しみただけます。
※スライド雲台プレートDD(390g)は含まず。

◆極軸望遠鏡PF-Lで精密な極軸合わせが可能
高精度なセッティングを可能にする極軸望遠鏡PF-Lを内蔵。極軸望遠鏡内の所定位置に北極星など3点の星を合わせることで、3分角以内の高精度なセッティングを手軽に行えるため、望遠レンズによる追尾撮影にも対応します。

◆多機能コントローラーでタイムラプス撮影にも対応
駆動スピードや方向を自由にコントロールできる多機能コントローラー「STARBOOK ONE」を標準装備しています。タイムラプス撮影で多彩な映像表現を演出できるほか、オートガイド端子も装備しているため、より高精度なガイド撮影にも対応可能です。

<発売日>
2017年6月9日(金)

<価格>
¥128,000(税別)

<WEBサイト>
AP星空雲台製品ページ
https://www.vixen.co.jp/product/at/ap/258321.html
ビクセンWEBサイト
https://www.vixen.co.jp/

<株式会社ビクセン 会社概要>
代表取締役 新妻和重
創業1949 年 本社 埼玉県所沢市
天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

月9をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ