SBI生命、「全疾病保障」の団体信用就業不能保障保険、特約充実の団体信用生命保険の提供を開始

6月1日(木)15時0分 @Press

SBI生命保険株式会社(東京都港区、代表取締役社長:飯沼 邦彦、以下「SBI生命」)は、2017年6月1日より、住信SBIネット銀行株式会社(東京都港区、代表取締役社長:円山 法昭)が提供する住宅ローン(Mr.住宅ローンREAL、提携住宅ローン、フラット35)を新規でご利用のお客様に、「全疾病保障※」の団体信用就業不能保障保険および特約充実の団体信用生命保険の提供を開始いたします。
(※精神障害等、所定の免責事由に該当する場合を除きます。)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129759/LL_img_129759_1.jpg
商品概要


■全疾病に対応! 団体信用就業不能保障保険
被保険者(住宅ローンのご利用者様)が債務返済期間中に傷害または疾病(精神障害等、所定の免責事由に該当する場合を除く。)により就業不能状態になったとき、ローン返済日が到来した場合に支払われる就業不能保険金を月々の債務の返済に充当することで、被保険者の生計の安定を図ります。また債務繰上返済支援特約では、所定の期間、就業不能状態が継続したときに、所定の保険金をもって債務残高の返済に充当します。さらに長期就業不能見舞金特約により、長期の就業不能(就業不能状態が12か月継続)時にお見舞金をお支払いいたします。


■特約が充実! 団体信用生命保険
被保険者が死亡または所定の高度障害状態になったとき、所定の保険金をもって債務残高の返済に充当します。またリビングニーズ特約では、余命6か月以内と判断されたとき、重度ガン保険金前払特約では、ガンと診断確定され、すべての治療を受けたが効果がなかった等と判断されたときに、所定の保険金をもって債務残高の返済に充当します。さらに先進医療特約により、先進医療による療養を受けた場合に、先進医療にかかる技術料の被保険者負担額をお支払いし、ローン返済中の経済的負担を支援いたします。


<商品保障内容>
https://www.atpress.ne.jp/releases/129759/img_129759_2.jpg


今後も当社はSBIグループ各社とのシナジー効果を最大限に追求し、各事業の拡大と発展を目指すとともに、お客様へのより高い品質の商品・サービスの提供に努めてまいります。


【SBI生命保険株式会社 について】
SBI生命は2015年2月にSBIグループの一員となり、2016年2月から時代のニーズに応える在宅医療を保障する医療保険や定期保険を販売しています。SBIグループは、創業来インターネットを活用した多様な金融サービス事業を展開するFinTech企業として、各事業においてさらなる顧客利便性の向上やサービスの独自性の追求、新技術の導入を推進しています。SBI生命においてはIoTやビッグデータを活かした画期的な商品の開発・提供を通じてお客様に安心をお届けいたします。

会社名 : SBI生命保険株式会社
設立 : 1990年7月
代表取締役社長: 飯沼 邦彦
所在地 : 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
資本金 : 475億円
URL : http://www.sbilife.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

保険をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ