2秒で自信がわいてくる法

6月1日(水)11時0分 ダイヤモンドオンライン

ダイヤモンド社より先日発売され、早くも反響を呼んでいる『外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣』より、その一部を抜粋してお届けする。


一流と二流の分かれ目は「姿勢」にあり


 ヨガを理解する上でポイントとなるのが「姿勢」だ。


 本来あるべき姿からズレてくると、体と心のあり方もゆがんでくる。


 姿勢はすべての基本であり、姿勢とメンタルは密接な関係があるのだ。


 私は人の立ち姿や歩いている姿を見れば、だいたいその人が一流なのかどうかわかる。一流の人は背筋をピッと伸ばして胸を張り、顔はまっすぐ前を見ている。猫背でうつむいて歩いているような人はいない。


 アメリカ・南カリフォルニア大学の研究によると、人は胸を張って背筋を伸ばした姿勢でいるほうが、猫背で前かがみになっているときよりも、痛みやストレスに耐える力が強いことがわかった。


 この実験では「アゴを上げて胸を張り、周囲を見下ろすかのような姿勢」と「普通のまっすぐな視線の姿勢」「猫背でうつ向いている姿勢」の3つの姿勢をとり、それぞれ痛みにどれくらい耐えられるかを調べた。


 すると、1つ目の堂々とした姿勢のときが最も痛みを感じなかったのだ。


 さらに、胸を張った姿勢をとると男性ホルモンの「テストステロン」の値も上昇する。胸を張るだけで自信が生まれて、アグレッシブになれるのだ。


 いわば胸を張るというたった2秒の動作で自信がわいてくるとも言えよう。


インナーマッスルを鍛えてメンタルを強くする


「病は気から」というが、「心の弱さは姿勢から」ともいえる。


 落ち込むようなことが起きたときこそ、姿勢をよくしていれば自然と気持ちは上向きになっていくのだ。


 ヨガでは正しい姿勢を維持するためのインナーマッスルが鍛えられる。


 インナーマッスルは、体の奥深くにある筋肉の総称である。


 関節の周辺や骨盤まわり、背骨などにつき、腱と骨のつながりを支えたり、内臓を正しい位置にキープしている。


 インナーマッスルが衰えていると姿勢を保てなくなり、体にゆがみが出たり、お腹がポッコリ出たりするのだ。


 意識的に動かせるアウターマッスルは普通の筋力トレーニングで鍛えられるが、インナーマッスルまではなかなか鍛えられない。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「ヨガ」をもっと詳しく

「ヨガ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ