氷点下で飲みたい「スーパードライ」

6月1日(水)12時4分 J-CASTニュース

   アサヒビールは2011年6月1日〜8月31日、東京・銀座に期間限定で、「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」を展開する。



   店内では、ふだん飲んでいるよりも温度よりも低い、氷点下の温度帯(マイナス2度から0度)で、アサヒスーパードライを飲んでもらう「エクストラコールド」という飲み方を提案。味のキレ、シャープさ、のどごしを強く感じられるのが魅力となっている。


   「エクストラコールドBAR」は、昨年5月〜9月にも期間限定でオープンしたところ、当初の目標をはるかに超える3万9563人が来場。好評をうけて今年は、東京・銀座以外でも、大阪、名古屋でも展開する予定だ。


   アサヒスーパードライ エクストラコールドは550円。スーパードライやソフトドリンク、フードメニューなどもある。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

氷点下をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ