「ハウスダスト発見センサー」搭載 持ち運びやすい家庭用紙パック式掃除機

6月1日(土)7時48分 J-CASTニュース

「ハウスダスト発見センサー」で、目に見えないハウスダストもランプが光って知らせる(写真は、「MC‐PA330GX」)

写真を拡大

   パナソニックは、持ち運びのときのバランスが向上した新しい設計の家庭用紙パック式掃除機「MC‐PAシリーズ」(MC‐PA330GX/MC‐PA33G/MC‐PA23G)を、2013年6月15日に発売する。



「ハウスダスト発見センサー」


   新たにハンドル部分が可動式で持ちやすい「ラクラクハンドル」を採用。加えて、延長管を本体にセットするスタンド収納の位置を本体裏側から側面に変更するなど、掃除機全体を持ち上げたときに本体が安定する、新たな設計によって持ち運びのときのバランスを向上した。


   また、従来機で好評の「LEDナビライト」を新たに子ノズルにも搭載し、家具のあいだなどの狭いすき間でもゴミを見つけやすくしたほか、引き続き「エコナビ」と「アイドリングオフ」機能を搭載。「ハウスダスト発見センサー」で、目に見えないハウスダストもランプ(MC‐PA23Gは「ゴミ発見センサー」)が光って知らせる。


   電気のムダを省きながらもしっかりきれいに掃除する。いずれも、オープン価格。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

発見をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ