マイスターが手作業で組み上げる「C 63 AMG セダン」特別仕様車

6月2日(土)14時7分 J-CASTニュース

つや消しブラックを採用したエクステリア

写真を拡大

   メルセデス・ベンツ日本(東京・港区)は、Cクラス セダンのトップパフォーマンスモデル「C 63 AMG」に、メルセデス・AMG本社のカスタムオーダープログラム「AMGパフォーマンススタジオ」による日本向けの特別装備を施した「C 63 AMG Performance Studio Edition」を、2012年5月30日に発売した。納車は2012年11月ごろから開始される予定。



専用の2トーンホイールを装備

   ボディーカラーにはdesignoマグノナイトブラック(つや消しブラック)を採用し、リムエッジ部をレッドカラーでペイントした専用マットブラック19インチAMGマルチスポークアルミホイールが迫力あるエクステリアを演出する。


   またインテリアには、熟練のマイスターが手作業で1台ずつ組み上げるAMGパフォーマンススタジオの特別プログラムにより、シートやダッシュボードだけでなく、アームレスト、センターコンソール、ドアパネルなどの細部に至るまで最高級ナッパレザーを採用している。ステアリングには、designoクラシックレッドとdesignoブラックによる2トーンのAMGパフォーマンスステアリングを装備した。


   メーカー希望小売価格は、1500万円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

セダンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ