ロンドン・ロイヤルワラントのお店でも展開するKUSKAが地元高校の制服ネクタイをデザイン製作し無償提供しました。

6月2日(水)16時46分 PR TIMES

~日本の伝統工芸を次世代に伝える~

絹織物の日本最大産地 京都・丹後でオールハンドメイドにこだわった商品を製織・販売する クスカ株式会社 ( 所在地:京都府与謝郡与謝野町、代表取締役:楠 泰彦 ) のブランド「KUSKA( ク スカ )」は、昨年京都・丹後に 71 年ぶりに創立された清新高等学校の制服用ネクタイを今年度新入学生にも無償で作製し提供いたしました 。
清新高等学校 2021 年4月10日開校式
男子生徒36名 女子生徒27名 

[画像1: https://prtimes.jp/i/36982/2/resize/d36982-2-719453-0.jpg ]


【地元愛と地場産業の復活を】
クスカ株式会社は、1936 年から 2010 年まで丹後ちりめんの製 造を生業としてまいりました。地場産業でもある「丹後ちりめん」 の生産量は、1973 年をピークに約 48 年間で全盛期の約3%ま で激減しています。その背景には、海外から安い生地が入って きたことや、丹後ちりめんのほとんどが着物に使われることが 多いゆえに、丹後産地の衰退につながったと考えられます。 そこで KUSKA は、独自性を出す為に 2010 年から自社ブランド KUSKA( クスカ ) を立ち上げると共に、今まで使用していた機械 織機を廃棄し大量生産を断ち、全て職人の手織りでモノづくり を行い、着物 ( 丹後ちりめん ) の地場産業の技術を駆使した、今 のライフスタイルにも合うアイテムを展開しています。商品の 8割は地元丹後で染め〜仕上げまで職人が作っており、その品質とデザインが認められ国内大手セレクトショップや、百貨店・銀座和光とのコラボレーショ ンも行っています。また、2017 年からイタリア・フィレンツェ で開催される、世界最大のメンズ服飾の展示会 PITTI UOMO に 6 回出展し、ロンドン・サヴィル・ロウにあるロイヤルワラント(王室御用達 )のハンツマンとの取引も開始し、現在は5カ国の海外展開を行い、日本の伝統工芸(地場産業)を世界に発信しています。

そして、この度、丹後地域の学校再編に伴い 2020年に71 年ぶりに創 設される清新高等学校に、正装時の制服用ネクタイとして自社で糸から開発デザインしたネクタイを作製し無償で提供します。清新高等学校が地域創生教育推進プログラム(高校生 が地域に愛着と誇りを一層持てるような取組み)を進める上で、地元の伝統産業を身近に触れることで地元への関心や地域愛、そして地域創生の一助になればと考えています。

【府立清新高等学校】京都府京丹後市弥栄町黒部380番地
丹後地域の高校再編に伴う新設高等学校であり、京都フレックス学園構想に基づく新しいスタイルの高校です。宮津高校伊根分校、峰山高校弥栄分校、網野高校間人分校の優れた教育実践を引き継ぎ、その良さを生かした教育活動を展開します。自分の学習スタイルに合わせて、4年または3年で卒業することができます。外部機関との連携により、生徒の成長を支援する体制を整えます。

【清新高校ネクタイ】

今回は通常のKUSKAの定番ネクタイより、耐久性を考慮し糸の太さや撚りを変え、 織りパターンも独自にデザインし、糸の精錬・染色・手織りとほとんどの行程を丹後で行っています。 また、ネクタイの大剣部分には丹後にも咲く日本固有種「トウテイラン」を刺繍しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36982/2/resize/d36982-2-906147-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/36982/2/resize/d36982-2-287019-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/36982/2/resize/d36982-2-716971-3.jpg ]


【KUSKAビジョン】
日本の地方発信・伝統工芸ブランドとして地方の地場産業の活性と作り手の雇用創出につなげていきます。

【KUSKA フィロソフィー】
「昔の織り技法で今のライフスタイル」をコンセプトに伝統・ファッション・芸術の3つを融合させ、糸づくりから染め・手織り・商品完成 まで職人の手仕事にこだわったモノづくりを行っています。
https://www.youtube.com/watch?v=ylPlwXGRfUU

【 お問い合わせ先 】
クスカ株式会社 担当:楠 泰彦 
住所:京都府与謝郡与謝野町岩屋384-1
TEL:0772-42-4045 MAIL : info@kuska.jp http://www.kuska.jp

PR TIMES

「ロンドン」をもっと詳しく

「ロンドン」のニュース

「ロンドン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ