現行2倍、約6年の長寿命バッテリー新搭載 ロボット掃除機「ルンバ885/875」

6月3日(水)8時30分 J-CASTニュース

   米アイロボットの正規代理店セールス・オンデマンド(東京都新宿区)は、ロボット掃除機の最上位モデル「ルンバ800シリーズ」をバージョンアップした「ルンバ885/875」の2機種を2015年6月3日に発売。

専門スタッフによるメンテナンスサービス「アイロボットケア」が利用できる


   「iRobot Li-ion リチウムイオンバッテリー」を新搭載。1日60分、週4回使用した場合のバッテリー寿命が約6年と、現行モデルから2倍の長寿命となった。


   購入後のユーザー登録を完了すると、約10か月経過後にアイロボットの技術研修を終了した専門スタッフがメンテナンスを行う「アイロボットケア ルンバ885/875バリュープラン」が利用できる。具体的には各センサーの稼働、稼働部の動作、バッテリー性能などの点検、ソフトウェアの最新版アップデートなどが含まれる。


   「ルンバ885」のカラーはブラック、直販サイト「アイロボットストア」での価格が8万4000円。「ルンバ875」のカラーはシルバー、直販価格が7万4000円(いずれも税別)。

J-CASTニュース

「ロボット」をもっと詳しく

「ロボット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ