「精霊」が財政規律説く財務省シュール動画 「公開タイミングが今」なのは「たまたまです」

6月3日(金)19時5分 J-CASTニュース

消費増税延期とは「関係ありません」とは言うけれど…(画像は、財務省の「財政学習動画 日本の『財政』を考えよう」)

写真を拡大

安倍晋三首相が消費税率の10%引き上げの再延期を発表する直前のタイミングで、財務省が「財務の精霊 ザイセー」が登場する、なかなかシュールな動画をインターネットに公開した。

「精霊」が高校生に財政問題を解説する動画の内容もさることながら、動画公開の時期が時期だけに、さまざまな憶測を呼んでいる。



財務省が動画「日本の『財政』を考えよう」を公開



財務省が、財政学習動画「日本の『財政』を考えよう」を公開したのは、2016年5月30日。折しも、世界経済をテーマにしたG7、伊勢志摩サミット直後で、6月1日に安倍首相が消費増税の再延期を公表するとの見方が強まっているタイミングだった。


麻生太郎財務相が、「再延期」の方針を明らかにした安倍首相に対して「(衆院を解散して)信を問わないと筋が通らない」と反対を表明して激しく詰め寄ったように、財政規律を求める財務省の立場としては「消費増税の再延期」には大反対のはずだ。


消費増税の再延期が決まった、このタイミングでの公開に、財務省の思惑を推し量る向きは少なくない。公開時期について、財務省の担当者は6月3日、「たまたまです」と回答。「動画が完成したのが5月30日で、最後の推敲を終えてから、すぐに公開しました」と明かし、消費増税の再延期とは「まったく関係ありません」と強調する。



そんな動画の内容は、ある高校の男子生徒のもとに、財政に関心のある人にだけ見える精霊「ザイセー」が現れる。黒マント(内側は真っ赤)をはおり、チョビヒゲをつけている。かつての人気アニメに出てくる「サリーちゃんのパパ」風だ。ザイセーは「日本の財政に関心をもっている若者に力添えして理解を深めてもらう」ことが目的といい、高校生が日本の財政状況について考えるというストーリーだ。


ザイセーは2016年度の歳入が、消費税と所得税、法人税とその他の税収をあわせて全体で62兆円になると説明。その一方で、歳出はその多くが高齢化によって医療や年金、介護、子育てなどの社会保障費に充てられていて、そのほかに地方交付税や公共事業費、防衛費、教育費などに使われている。全体で97兆円にのぼる。歳出は歳入を大きく上回り、その不足を補うために国は多額の借金を背負っていると、「税収不足」を指摘する。



「中・高校生にも財政についてわかりやすく」



こうした財政状況のなか、「さらに借金を増やして大丈夫なの?」と不安げな高校生に、ザイセーは「(借金の返済は)君たちの手にかかっていると言わざるをえません」と、肩を落とす。


女子生徒が


「それって、どういう意味?」

と迫る。


ザイセーは、


「この借金は次の世代の君たちが返済していくという意味ですね」

と、淡々と話す。


「それってひどくない。わたしたちの知らないあいだに借金したものを返済してなければいけないってこと」

「どうやってわたしたちが返済しろっていうの」

と、女子生徒は憤る。そこに男子生徒が別の視点から、なだめに入って——。



そんな財務省の財政学習動画には、インターネット上で多くのコメントが寄せられている。


「財務省がなりふり構ってないな。安倍さん無理すんなよ」

「まさかと思うが、こんなこともあろうかとつくり置きしてあったのかwww」

「『使い方を見直していかないと』→ならば、まずこんな動画をつくるのをやめなさい」

「財務省の誘導っぷり、すごいわwww」

「いま増税して払うか、将来払うかの違いだろ? 何で景気の悪いときに払わなけりゃならんの? 景気よくなってから払うほうがいいんじゃないの?」

などなど。


財務省は、「7月の参院選から選挙権年齢が引き下げられたことに伴い、中・高校生にも財政についてわかりやすく、イメージしやすいようにと思い、動画にしました。若い人にも、財政にもっと興味、関心をもってほしい」と話している。

J-CASTニュース

「財政」をもっと詳しく

「財政」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ