業界のリーダーがNVIDIA Robotics を数千万台の AI 搭載自律マシン開発に採用

2024年6月3日(月)11時16分 PR TIMES

BYD Electronics、Siemens、Teradyne Robotics、および Alphabet 傘下の Intrinsic が、自律型ロボット アーム、ヒューマノイド、移動ロボットに NVIDIA Isaac ロボティクス プラットフォームを活用

[画像: https://prtimes.jp/i/12662/471/resize/d12662-471-593a821a3483add9703d-0.png ]


台湾、台北 - COMPUTEX - 2024 年 6 月 2 日 - NVIDIA は本日、ロボット開発の世界的リーダー企業が、次世代の AI 対応自律マシンおよびロボットの研究、開発、生産に NVIDIA Isaac(TM) ロボティクス プラットフォーム(https://developer.nvidia.com/isaac)を採用すると発表しました。

BYD Electronics、Siemens、Teradyne Robotics、および Alphabet 傘下の Intrinsic は、NVIDIA Isaac アクセラレーテッド ライブラリ、物理ベースのシミュレーション、AI モデルを自社のソフトウェア フレームワークやロボット モデルに統合し、工場、倉庫、配送センターを非常に効率的で安全なものにし、反復作業や超精密作業のためのインテリジェント アシスタントとして機能させている、世界的なロボット業界のリーダー企業の一部です。

NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は次のように述べまました。「ロボットの時代が到来しました。動くものはすべて、いつかは自律的になるでしょう。私たちは、シミュレーション アプリケーション用の Omniverse、Project GR00T ヒューマノイド基盤モデル、Jetson Thor ロボティクス コンピューターなど、NVIDIA ロボティクス スタックを進化させることで、生成物理 AI の加速に取り組んでいます」

Isaac プラットフォームには、ロボット メーカーが自社のテクノロジ スタックに統合できる一連の NVIDIA アクセラレーテッド ライブラリ、AI 基盤モデル、シミュレーション テクノロジが搭載されています。

・ NVIDIA Isaac ROS(https://developer.nvidia.com/isaac/ros) - ROS コミュニティ開発者に NVIDIA アクセラレーションと AI モデルを提供するモジュール式 ROS 2 パッケージのコレクション。
・ NVIDIA Isaac Perceptor (https://developer.nvidia.com/isaac/perceptor)- 本日提供開始された Isaac ROS 上に構築されたリファレンス ワークフロー。AI ベースの自律移動ロボットにマルチカメラの 3D サラウンド ビジョン機能を提供。
・ NVIDIA Isaac Manipulator(https://developer.nvidia.com/isaac/manipulator) - 本日提供開始された、Isaac ROS 上に構築されたリファレンス ワークフロー。環境をシームレスに認識、理解、対話できる AI 対応ロボット アーム (マニピュレーター) の開発を簡素化。
・ NVIDIA Isaac Sim(TM)(https://developer.nvidia.com/isaac/sim) - NVIDIA Omniverse(TM) (https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/)プラットフォームに基づいて、物理ベースの環境でロボットをシミュレーション、テスト、検証し、合成データを生成するためのリファレンス アプリケーション。
・ NVIDIA Isaac Lab - AI ロボット基盤モデルのトレーニングのための強化学習、模倣学習、転移学習に最適化された Isaac Sim のリファレンス アプリケーション。

Isaac エコシステムが急速に拡大
アジア、ヨーロッパ、北米のロボティクスおよび自律マシン開発のリーダーが、NVIDIA Isaac を早期採用しています。

産業オートメーション ソフトウェアおよびシステムの世界的リーダーである Siemens は、強力なソフトウェア イン ザ ループ機能のために NVIDIA Isaac Sim を使用しています。Isaac テクノロジは、SIMATIC Robot PickAI (PRO) や SIMATIC Robot Pack AI などの高度なロボティクス スキルの Siemens の開発とテストを加速します。AI ビジョン ソフトウェアは、AI 駆動の認知機能を提供し、産業用ロボット システムが、ユーザーによる AI の事前トレーニングなしで、任意のアイテムを自律的かつ確実にピックアップして梱包できるようにします。

Siemens は、産業グレードの AI を提供し、自動化ソリューションとシームレスに統合し、NVIDIA を搭載した Siemens 産業用 PC 基盤に展開するときに使いやすくすることで、ロボティクスの最前線に AI を推し進め、産業用ロボットのエコシステムにビジョン AI を提供しています。

2022 年後半に Open Source Robotics Corporation を買収した Alphabet のソフトウェアおよび AI ロボティクス子会社である Intrinsic は、ロボットに依存しないソフトウェア プラットフォームで Isaac Manipulator (https://blogs.nvidia.co.jp/2024/05/20/alphabet-intrinsic-robotics-isaac-manipulator/)のテストに成功しました。Intrinsic は、Manipulator を使用して、グリッパー、環境、およびオブジェクト全体で機能するスケーラブルで広く適用可能なロボット把持スキルの可能性を実証しました。

Intrinsic の CEO である Wendy Tan White 氏は次のように述べました。「基盤モデルが産業用ロボットに大きな影響を与えるための道を切り開くために、NVIDIA ほど優れた協力者はいません。私たちのチームが NVIDIA Isaac と Intrinsic のプラットフォームの統合に協力することで、何百万もの開発者と企業にもたらすことができる潜在的な価値は計り知れません」

BYD グループは、エレクトロニクス、自動車、新エネルギー、鉄道輸送など、4 つの主要産業において世界中で強力な製造拠点を持っています。その子会社である BYD Electronics (BYDE) は、ハイテクで革新的な製品を提供する世界有数の企業であり、NVIDIA Isaac Sim と Isaac Perceptor を使用して、工場に完全な物流ソリューションを提供する様々な自律移動ロボットを開発しています。

BYD Electronics のシニア ビジネス開発ディレクターである Chris Yotive 氏は次のように話しました。「BYDE は、顧客が物流アプリケーションの展開を加速できるように支援することに重点を置いています。NVIDIA と共同で、NVIDIA Isaac を搭載した高度な自律移動ロボットを開発しました。これにより、作業員の安全性が向上し、生産コストが削減され、顧客向けの生産インテリジェンスが強化されるでしょう」

Teradyne Robotics の傘下企業である Universal Robots (UR) と Mobile Industrial Robots (MiR) は、AI をオートメーションに統合するために NVIDIA Isaac を使用しています。UR は、Isaac Manipulator を PolyScope X ソフトウェア プラットフォームに統合して、新しいコボット ソリューションの開発に取り組んでいます。MiR は、Isaac Sim を活用して合成データを生成し、MiR1200 Pallet Jack をシミュレートして実世界の展開に備えています。

Teradyne Robotics のグループ プレジデントである Ujjwal Kumar 氏は次のように語りました。「ロボティクスにおけるお客様の課題に取り組む鍵は、業界が協力して 1 つの共同作業を行うことにあります。NVIDIA Isaac の高度な AI とシミュレーション機能を、当社の大規模な自律型モバイル ロボットとコボットのインストール ベースに接続することで、私たちはイノベーションの限界を押し広げ、複数の業界に迅速なソリューションを実現するでしょう」

NVIDIA Isaac プラットフォームはモジュール式で、企業は個別のテクノロジまたは複数のテクノロジを組み合わせて採用することもできます。

高度な知覚ベースの自律移動ロボットの開発に Isaac Perceptor を活用している企業には、ArcBest、BYD Electronics、Gideon、idealworks、RGo Robotics などがあります。

AI ベースのロボット アームの構築に Isaac Manipulator を活用している企業には、Solomon、Techman Robot、Vention、安川電機などがあります。

Hexagon、Husqvarna Group、MathWorks など、100 社を超える企業がロボティクス アプリケーションのシミュレーション、テスト、検証に NVIDIA Isaac Sim を採用しています。Isaac Lab は、Agility、Boston Dynamics、Figure AI、Fourier Intelligence、Sanctuary AI で採用されています。

Computex でロボティクスのイノベーションが実践中
フアンは COMPUTEX における自身の基調講演で、輸送、ヘルスケア、工業生産で使用されるロボットのデモを行いました。あるデモでは、世界最大の電子機器メーカーである Foxconn が、NVIDIA Isaac をベースに NVIDIA のロボティクス パートナーが開発した AI ロボット フリートをフィーチャーした、NVIDIA Omniverse で完全にシミュレートされた自律型工場を披露しました。

NVIDIAについて
1993年の創業以来、NVIDIA(https://www.nvidia.com/ja-jp/) (NASDAQ: NVDA) はアクセラレーテッド コンピューティングのパイオニアです。同社が 1999 年に発明した GPU は、PC ゲーム市場の成長を促進し、コンピューター グラフィックスを再定義して、現代の AI の時代に火をつけながら、各種産業のデジタル化を後押ししています。NVIDIA は現在、業界を再形成しているデータセンター規模の製品を提供するフルスタック コンピューティング企業です。詳細は、こちらのリンクから:https://nvidianews.nvidia.com/

PR TIMES

「NVIDIA」をもっと詳しく

「NVIDIA」のニュース

「NVIDIA」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ