フィンランド・ヘルシンキの魅力を東京で続々発信 「Helsinki Art Overview」

6月4日(火)11時0分 J-CASTニュース

フィンランド・ヘルシンキ市

写真を拡大

北欧フィンランドの首都・ヘルシンキ市は2019年5月22日、東京・表参道で「Helsinki Art Overview」を開催した。会場となった「Artek Tokyo Store」は4月27日にオープンしたばかりの、フィンランド発の有名インテリアブランドによる日本初の直営店だ。

イベントにはヘルシンキ市のヤン・ヴァパーヴオリ市長をはじめ、ヘルシンキ市立美術館(HAM)やエスポー近代美術館(EMMA)、フィンランド・ナショナル・ギャラリーの館長らが出席。またフィンランド最大の家具、デザイン、インテリア見本市「ハビターレ」の代表者も登場し、日本でのプロモーション活動について語った。



東京と芸術・文化・デザイン分野で共同開発に大きな期待


今年は日本とフィンランドの外交関係樹立100周年のメモリアルイヤー。そのため、最先端都市デザインや高水準の教育環境、芸術などヘルシンキ市の魅力を伝えるイベントやプロジェクトが、日本との間で多数企画されている。



例えば現在、フィンランドを代表するセラミック・アーティスト「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展が東京ステーションギャラリーで開催しており、期間は6月16日までだ。また6月18日〜9月23日、独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家たちに焦点を当てた「モダン・ウーマン—フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」が国立西洋美術館(東京)で予定されている。



ヴァパーヴオリ市長は本イベントで「この訪問により、ヘルシンキ市と東京都の間でのコラボレーションの大きな可能性があると再び確信した」とコメント。「特に芸術、文化、デザインの分野は、将来の共同開発において大きな可能性を秘めている」とした。



ヘルシンキ市は「ヘルシンキ市民が住みやすい街づくり」や「世界で一番機能的な都市」を目指し、「アートやデザインについて新鋭化することが住みやすさに繋がる」という考えから芸術・美術・文化的活動に特に力を入れている。昨今では2018年にフィンランド独立100周年を記念して「オーディ中央図書館」を開館したほか、20年6月12日〜9月27日にはヘルシンキ群島の島「ヴァッリサーリ」でフィンランド初の国際現代アート・ビエンナーレ「ヘルシンキ・ビエンナーレ」を行う予定だ。

J-CASTニュース

「ヘルシンキ」をもっと詳しく

「ヘルシンキ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ