<6月19日(水)~21日(金)>「製造業DX展」に出展

2024年6月4日(火)17時16分 PR TIMES

[画像: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/53341/193/53341-193-08f8a8aa3da52d1c9b4175f27c50f759-1200x630.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
ウイングアーク1st株式会社は、6月19日(水)より21日(金)まで開催される「ものづくりワールド」内の「製造業DX展」に出展いたします。
 ウイングアーク1stブースでは埋もれがちなデータを活用し、製造DXを促進するIoTデータ活用ソリューションをご紹介します。会場内セミナーでも詳しくご紹介しますのでぜひご参加ください。
■出展概要
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/53341/table/193_1_69e448618b4a3410637777ff96bb667f.jpg ]
■セミナー概要
[表2: https://prtimes.jp/data/corp/53341/table/193_2_0515e3d747abbb3675e36fb568e7607a.jpg ]
■出展製品
BIダッシュボード「MotionBoard」
MotionBoardは製造プロセスにおけるあらゆるデータを統合・集計して可視化するダッシュボードです。生産計画・実績や不良分析、品質管理、在庫管理、生産シミュレーションなど、さまざまな用途で製造現場に導入されています。 現場カイゼンに活かせるデ ータ活用でお困りの方はぜひお立ち寄りください。 データ分析基盤「Dr.Sum」
Dr.Sumはシステムや設備と連携し、散在したデータを高速で集計してデータを扱いやすい形に整え蓄積する、大容量データベースです。データは連携元によってフォーマットや基準が異なっていることが多いため、データを活用する前に加工や整形に多くの手間が発生します。 Dr.Sumはデータを活用しやすい形への加工・蓄積などの処理をノンプログラミングで行うことができます。 電子帳票プラットフォーム「invoiceAgent」
invoiceAgentは、帳票の電子化から、文書管理、電子取引などが一つの製品で完結できる帳票プラットフォームです。AI OCRで図面やミルシートなどのアナログ文書を電子化でき、電子文書の一元保管・管理や電子配信・受領にも対応。電子帳簿保存法やインボイス制度などの法的要件に対応しながら業務の大幅効率化を実現します。
■ウイングアーク1stについて
ウイングアーク1stは、20年以上にわたり累積で約35,000社以上(※1)に導入いただきトップシェア(※2)を保持する帳票基盤サービス「SVF」等の帳票・文書管理ソリューションと、データにより新たな価値をもたらすデータエンパワーメントソリューションの2つのソリューションを開発・提供しています。また当社は「日経コンピュータ 2023年8月31日号 顧客満足度調査 2023-2024」データ分析・利活用支援ソフト/サービス部門において2年連続 1位を獲得しています。
※1:クラウド版とパッケージ版の累積社数(2024年2月末現在)
※2:出典:デロイトトーマツ ミック経済研究所株式会社発刊 ミックITリポート2023年11月号「帳票設計・運用製品の市場動向 2023年度版」図表2-3-1 【運用】製品/サービスのベンダー別売上・シェア推移 2022年度実績 〈本イベント開催についてのお問い合わせ先〉
ウイングアーク1st株式会社 セミナー事務局
marke@wingarc.com ▼ユーザー事例・製品情報・イベントなどウイングアーク1stの最新情報をお届けしています。
・ウイングアーク1st公式Facebook
http://www.facebook.com/wingarc
・ウイングアーク1st公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/WingArc ※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です

PR TIMES

「製造業」をもっと詳しく

「製造業」のニュース

「製造業」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ