国内ジュニア大会で初めてのテニス・車いすテニス併設開催へ「ユニクロ全日本ジュニアテニス選手権2024」に車いすテニスの部が新設 大会アンバサダーに新たに国枝慎吾氏が就任

2024年6月4日(火)15時16分 PR TIMES

 公益財団法人日本テニス協会が主催し、ユニクロが特別協賛する「ユニクロ全日本ジュニアテニス選手権2024」が、8月26日から9月6日にかけて、有明テニスの森で開催されます。本大会より車いすテニスの部を新設、健常・障がいの垣根を超えた、国内ジュニアテニス大会としては初めての併設開催となります。

 「ユニクロ全日本ジュニアテニス選手権」は、18歳以下の選手が、男子、女子、シングルス、ダブルスの各部門で競うもので、国内最高峰のジュニアテニス大会として知られています。本大会から新たに加わる車いすテニスの部は、男女混合のシングルス形式でのトーナメントで日本一を決定します。ユニクロは2022年からタイトルスポンサーとして、大会運営をサポートしているほか、スタッフなど大会関係者が着用する公式ウェアを提供しています。

 また、ユニクロのグローバルブランドアンバサダーで、元プロ車いすテニスプレーヤーの国枝慎吾氏が、新たに本大会のアンバサダーに就任。国枝氏は、車いすテニスの部の大会を監修するほか、ジュニアテニス選手の育成を進めるとともに、車いすテニスの認知拡大を進める活動に取り組みます。なお同じくユニクロのグローバルブランドアンバサダーである錦織圭選手も、2022年より同大会アンバサダーを務めています。

 さらに、次世代育成を目的に、一般財団法人ファーストリテイリング財団支援のもと、本大会の各カテゴリーのシングルス優勝者とベスト&フェアプレー選手の合計12名の選手には、アメリカで開催する海外派遣プログラムに参加する機会を提供します。海外派遣プログラムでは、国枝氏と錦織選手によるテニスクリニックのほか、世界トップクラスのコーチや海外トップ選手との練習に参加し、将来、日本を代表する世界的なテニス選手に成長できる機会を作っていきます。

■公益財団法人日本テニス協会 専務理事 土橋登志久様のコメント
 1929年から開催されている歴史ある「全日本ジュニアテニス選手権」において、このたび、U10グリーンボール種目の新設、国際大会に合わせたルールの採用に加え、車いすテニスの部を新設することになりました。本協会の理念である「多様性と調和のある社会の実現」にまた一歩近づくことができ、大変うれしく思っています。この大会を、技術に秀でただけでなく、豊かな人間性を備え、世界に通用する人材を育む大会として、大切にしていきたいと思っています。

■国枝慎吾氏のコメント
 今回、大会アンバサダーとして「全日本ジュニアテニス選手権」をサポートすることができ、とても光栄に思います。本大会より、車いすテニスの部も同時開催となり、より多くの方に車いすテニスにも触れていただける機会が増え大変うれしく思います。この大会や、海外派遣プログラムを通じて、大きな夢を抱き、より強くなりたいと思う選手が育ってくれることを心から期待しています。

■過去の大会の様子
ユニクロ全日本ジュニアテニス選手権 大会の様子
https://youtu.be/3DdaeiiDq6k?si=wqwU_JpfeGEOI9-C

ユニクロ全日本ジュニアテニス選手権2023海外派遣プログラムの様子
https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/ambassador/sustainability/keinishikori-nextgen2023/


ユニクロのグローバルブランドアンバサダーについて
 ユニクロは、世界をリードする卓越したアスリートたちをグローバルブランドアンバサダーに迎え、ユニクロブランドとLifeWear コンセプトを広める活動を行っています。彼らの世界最高のパフォーマンスをサポートするとともに、そこで得たプロフェッショナルな視点を活かしてあらゆる人々の生活をより快適にする、これまでにない新しい価値を持ったLifeWear(究極の普段着)を創造していきます。さらに、グローバルブランドアンバサダーとの活動を通じて世界各地との結びつきを強め、地域社会への貢献も推進していきます。

PR TIMES

「テニス」をもっと詳しく

「テニス」のニュース

「テニス」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ