約6割の学生がChatGPTの活用経験あり。うち約7割がES添削に活用~25卒学生と企業を対象としたChatGPTの活用に関する調査結果を発表~

2024年6月4日(火)12時46分 PR TIMES

学生と企業をつなげる新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox(オファーボックス)」を運営する株式会社i-plug(本社:大阪市淀川区、代表取締役 CEO:中野智哉)は、2025年卒業予定学生(以下、「25卒学生」)を対象に、ChatGPTあるいはChatGPT等の生成系AIを搭載したサービス(以下、ChatGPT等)の活用に関する調査を実施しました。

Q1. 今までにChatGPT(あるいはChatGPT等の生成系AIを搭載したサービス)を活用したことはありますか?(学生対象/単一回答)


[画像1: https://prtimes.jp/i/41771/124/resize/d41771-124-8dc33cd449da6db3da3f-0.png ]

「今までにChatGPT等を活用したことがある」と回答した25卒学生は、60.5%でした。

Q2. (Q1. にて「はい」と回答した方のみ)ChatGPT(あるいはChatGPT等の生成系AIを搭載したサービス)をどのような場面で活用していますか?(学生対象/複数回答)


[画像2: https://prtimes.jp/i/41771/124/resize/d41771-124-df7e2b847cb32c89a971-1.png ]

活用場面について伺ったところ「就職活動」が最多の45.8%。他にも、大学の授業や課題/研究で活用していることがわかりました。

Q3. (Q2. にて「就職活動」と回答した方のみ)就職活動のどの場面で活用したか教えてください。(学生対象/複数回答)


[画像3: https://prtimes.jp/i/41771/124/resize/d41771-124-1cf88cd3f6f0109f01e1-2.png ]

「エントリーシートの履歴書の添削」が最多の73.5%でした。次いで「エントリーシートや履歴書の作成」が47.1%。エントリーシートや履歴書で活用する学生が多いことがわかります。

Q4. エントリーシートや履歴書を作る際に、どの項目でChatGPT(あるいはChatGPT等の生成系AIを搭載したサービス)を活用したか、教えてください。(学生対象/複数回答)


[画像4: https://prtimes.jp/i/41771/124/resize/d41771-124-8604ddcb44a989731d37-3.png ]

エントリーシートや履歴書の作成に活用している学生に、どの項目でChatGPT等を活用しているか伺うと、「志望動機」が最多の81.3%でした。次いで「自己PR」が73.8%。

Q5. 今後(も)ChatGPT(あるいはChatGPT等の生成系AIを搭載したサービス)を活用したいと思いますか?(学生対象/単一回答)


[画像5: https://prtimes.jp/i/41771/124/resize/d41771-124-0086083d6f13d1979e8a-4.png ]

今後の 「ChatGPT等を活用したいか」の設問について、63.2%の学生が「活用したい」または「とても活用したい」と回答しました。「活用したくない」「あまり活用したくない」を選択した学生はわずか11.8%。多くの学生が今後も活用していくことがわかりました。

採用選考(面接)において、ChatGPT等の活用を見極める対策を行う企業はわずか1.2%。

Q6.採用選考(面接)において、エントリーシートや履歴書の提出を学生に求めていますか。(企業対象/単一回答)


[画像6: https://prtimes.jp/i/41771/124/resize/d41771-124-2d4c307426aea97d2981-5.png ]

採用選考(面接)において、エントリーシートや履歴書の提出を学生に求めている企業は93.2%でした。

Q7.エントリーシートや履歴書の内容について、ChatGPT(あるいはChatGPT等の生成系AIを搭載したサービス)を活用しているかを見極めるといった対策を行っていますか。(企業対象/単一回答)


[画像7: https://prtimes.jp/i/41771/124/resize/d41771-124-6648f9750be440d604b9-6.png ]

エントリーシートや履歴書の提出を学生に求めている企業に「ChatGPT等を活用しているかを見極めるといった対策を行っているか」伺ったところ、「はい」はわずか1.2%。Q2.の結果の通り、ChatGPT等を就職活動で活用する学生は増えていますが、対策を行っている企業は少ないことがわかりました。

また、学生のChatGPT等の活用を見極めている方法として、「面接で逆質問を行う」「事前にChatGPT等を活用し、使用学生の回答を作成、類似回答をピックアップする」などが挙げられました。企業と学生がマッチングする採用活動においては「ChatGPT等をどのように活用していくか」が、重要になると推察されます。

調査概要


【25年卒学生対象(2024年調査)】
・調査期間:2024年5月8日(水)〜2024年5月10日(金)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:OfferBoxに登録している2025年卒業予定の学生
・有効回答数:613件

【企業対象(2024年調査)】
・調査期間:2024年5月8日(水)〜2024年5月10日(金)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:新卒採用を実施する企業
・有効回答数:266件

※構成比の数値は、小数点以下第2位を四捨五入しているため、個々の集計値の合計は必ずしも 100%とならない場合がある。

OfferBoxの概要


OfferBoxは企業から学生にオファーを送るオファー型の新卒採用サービスです。企業は「会いたい学生」の情報を検索して効率的にアプローチができます。学生は、知らない企業や業界からのオファーにより自身の可能性を拡げることが可能です。
[画像8: https://prtimes.jp/i/41771/124/resize/d41771-124-2a828d9a8ec3b1d8b007-7.jpg ]

OfferBoxにおける2025年卒業予定学生は約193,000名以上が登録。企業側では累計17,710社以上が登録(※1)しています(2024年4月末時点)。

学生向けOfferBox公式サイト
https://offerbox.jp

企業向けOfferBox公式サイト
https://offerbox.jp/company

※1:登録企業数とはこれまで当社アカウントを開設した企業数であり、現時点で利用していない企業を含みます。

会社概要


株式会社i-plug
【代表取締役】中野智哉
【従業員数】297名(※単体/2024年3月31日現在)
【公式サイト】https://i-plug.co.jp
【所在地】大阪府大阪市淀川区西中島5-11-8 セントアネックスビル3階
【グループ会社】
・株式会社イー・ファルコン(https://www.e-falcon.co.jp)
主なサービス:適性検査「eF-1G」(https://www.e-falcon.co.jp/ef-1g)
・株式会社pacebox(https://pacebox.co.jp)
主なサービス:中途採用サービス「PaceBox」(https://pacebox.jp/recruitment/)
・株式会社マキシマイズ(https://maximise.jp)
主なサービス:「Tsunagaru就活」(https://tsunashu.com)

PR TIMES

「i-plug」をもっと詳しく

タグ

「i-plug」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ