遠隔地にいる人に自分の姿を見せるバーチャルテレポートが体験できる!

6月5日(月)16時0分 @Press

インフォコム株式会社(東京都渋谷区、以下インフォコム)は、2017年6月7日(水)〜9日(金)に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されるAPPS JAPAN アプリジャパン2017内のWebRTCパビリオンに出展します。
会場ではインフォコムが調査研究してきたVR( 注1)技術にホログラムディスプレイを組み合わせたバーチャルテレポート体験が可能です。

【バーチャルテレポートの概要】
(1)特徴
・人物などの立体情報を遠隔地にリアルタイムに送信し、ホログラム映像で表示します。
・ヘッドマウントディスプレイを装着した受け手には、目の前の風景に立体映像が浮かび上がり、その場に居るかのような臨場感あるコミュニケーションが可能となります。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130162/img_130162_1.jpg


(2)使用製品
・Intel(R) RealSense(TM)
・Microsoft HoloLens(ホログラフィック・コンピュータ)
・REALFICTION DreamocHD3(3Dホログラフィック・ディスプレイ)
・RICOH THETA S(360度高画質映像配信)

【開催概要】
日程:2017年6月7日(水)〜9日(金)
場所:幕張メッセ
お申し込み:事前登録制。こちらからお申し込みください。
※参加費は事前登録で無料。事前登録なしの場合入場料5,000円

インフォコムではVR やAI(注2)やIoT(注3)など最新IT技術の調査・研究を行っており、これらを活用してヘルスケア事業や電子コミック事業の成長を加速させます。
今回のVR 技術は遠隔医療や介護分野への応用や電子コミックを題材としたエンターテイメント分野への活用を検討しています。

以上

【用語解説】
注1 AI
人間脳が行っている作業を人工的にコンピュータで模倣したソフトウエアやシステム。

注2 IoT
Internet of Thingsの略。世の中に存在する様々なモノがインターネットにつながることによって実現される全てのサービスを指す。

注3 VR
現実にない世界を現実であるかのように感じられる人工的に作った技術の総称。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

遠隔地をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ