トップ営業マンは腰が低くても「ガンコな人」が多い理由

6月5日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

写真はイメージです Photo:PIXTA

写真を拡大


トップ営業マンと呼ばれる人々は、腰が低く、コミュニケーション能力に長けた人が多い。しかし意外なことだが、結構ガンコな人が多いのだ。その理由とは。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)


トップ営業マンは

とにかく「腰が低い」


 私は職業柄、さまざまな業種のトップ営業マンの方とお会いさせていただく機会がある。


・プロ野球選手並みに稼ぐ生命保険のトップ営業マン

・ネット回線の最年少取締役

・大手ハウスメーカーの最年少部長

・MR(医療用医薬品・医療機器の営業)世界ナンバーワン


 などなど。


 どの方もケタ外れな「結果」を出している。業界が違うため単純な比較はできないが、とにかくどの方もすごい。トップ5%、いやトップ3%に入るような「頂点」の営業マンたちである。こういった人たちとじっくり話ができるのは、本当にありがたいこと。私自身、非常に勉強になる。


 頂点に立つ人たちに共通するのは、とにかく「腰が低い」ということだ。おごり高ぶらず気さくに話をしてくれる。とにかく「感じ」がいいのだ。


 コミュニケーション能力も高く、会話力もある。知らない話題でも、あたかも知っているかのように合わせていく。素晴らしいアジャスト力である。


 また何に関しても協力的である。私が「本の告知をお願いできますか」と1本メールを送れば、「もちろんです!」と快諾してくれる。そして即座に部下やSNSで拡散してくれる。付き合っていて、本当に「気持ちのいい人たち」なのだ。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「営業マン」をもっと詳しく

「営業マン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ