強度アップで芯が約15倍折れーぬ! 耐芯構造のシャーペン「オ・レーヌ シールド」

6月5日(木)10時45分 J-CASTニュース

「オ・レーヌ シールド」

写真を拡大

   プラチナ万年筆は2014年6月10日から、落下の衝撃や過度の筆圧から芯折れを防ぐシャープペンシル「オ・レーヌ シールド」の販売を開始する。



様々な工夫


   「オ・レーヌ シールド」には、芯が折れないための様々な工夫が施されている。


   新設計により同社の従来品よりも約1.5 倍芯折れ強度をアップ。同社の一般的シャープペンシルに比べると約15 倍も芯が折れにくい製品になった。一般的なシャープペンシルは先端のパーツと芯を繰り出すパーツ2点で芯を支えているが、この2点の隙間を埋めるように4つのパーツを装着することで芯をしっかりホールド。衝撃が加わっても芯が折れにくい構造に設計した。


   過度な筆圧に対しても、内部のスプリングで力を吸収して、芯が折れるのを防いでくれる。


   カラーはメタリックブラックやシルバーなど4種。


   価格は200円(税抜き)。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「万年筆」をもっと詳しく

「万年筆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ