Claris が 最新リリース Claris FileMaker 2024 の提供を開始

2024年6月5日(水)11時46分 PR TIMES

AI を活用した機能強化により、自然言語を用いた新しい検索方法を実現し、ビジネスにおけるデータ活用を促進。

2024 年 6 月 5 日、カリフォルニア州クパチーノ - Apple Inc. の一員である Claris International Inc. は本日、ローコード開発プラットフォーム「Claris FileMaker」の最新リリースである「Claris FileMaker 2024 」の提供を開始しました。Claris FileMaker 2024 では、AI を活用した機能強化により、既存のデータの価値をより引き出す検索方法を実現するほか、WebRTC (Web Real-Time Communication)に対応することで音声や動画などのリアルタイム通信が可能になるなど、ビジネスを促進する最新のテクノロジーをご提供します。

[画像: https://prtimes.jp/i/53419/27/resize/d53419-27-9c0e4b1611c5e76ed52c-0.png ]

AI を使用した新しい検索方法により既存データの活用を促進
Claris FileMaker 2024 では、大規模言語モデル(LLM)を使用し、検索対象について正確な知識がない場合でも、自然言語を用いて検索を行い、関連性の高い検索結果を返す「セマンティック検索」が可能になりました。新たな検索方法により、Claris FileMaker のカスタム App が持つデータの中でも、アンケートの自由記述欄に入力されたコメントやコールセンターでの顧客対応履歴の記録など、従来のテキスト一致検索では効果的な検索が難しかった場面で、求める結果がより得やすくなります。セマンティック検索は、既存の、またはこれから作成する Claris FileMaker カスタム App に容易に実装することができます。
Claris FileMaker 19 からは、Apple の Core ML を使用してカスタム App に機械学習を組み込み、高速なセンチメント分析、オブジェクト検出、顔検出、入力予測、話者識別などができるようになっています。Claris は シチズンデベロッパーが、AI(人工知能)と ML(機械学習)をビジネスで容易に展開できるように継続的に機能を強化しています。

専用のアプリケーションをインストールすることなく、FileMaker カスタム App 内で Web 会議などのリアルタイム通信が可能に
Apple や Google 、Microsoft などが参画するオープンソースのプロジェクトである WebRTC(Web Real-Time Communication。Web ブラウザやモバイルアプリを通して、音声、映像、データ通信などを可能にする)を Claris FileMaker 2024 においてサポート。FileMaker カスタム App の中で Web 会議など、音声や映像を利用したリアルタイム通信ができるようになりました。専用のアプリケーションやソフトウェアのインストールが不要で、この機能を実装することができます。

日本からの要望に応えた新機能でセキュリティを強化
日本のお客様からのご要望に応えて実装された「HTTPS トンネリング」により、Claris FileMaker Pro および Claris FileMaker Go が Claris FileMaker Server と通信する際に使用するセキュリティポートを FileMaker 専用の「5003」から 「443 (https)」に変更できるようになりました。高いセキュリティレベルを確保するための一般的な対策の多くが https 通信を前提としており、本機能強化によって、大規模ユーザなど特に高いセキュリティ要件を求める組織における FileMaker の導入が容易となりました。

Claris FileMaker Go (App Store で無償提供)
https://www.claris.com/ja/filemaker/go/appstore

ビジネスにおける iPhone、iPad 活用を促進する機能強化
iPhone および iPad で動作する Claris FileMaker Go に、iPhone や iPad をビジネスで有効活用している日本のユーザから要望の上がった 5 つの新機能が採用されています。新機能について、詳しくはリリースノートをご参照ください。

Claris FileMaker Go 2024 リリースノート:
https://help.claris.com/ja/go-release-notes/content/index.html

Claris FileMaker 2024 は、ほかにも Data API、JSON、トランザクションをより効果的に活用するための機能をはじめ、高速かつ効率的にアプリケーション開発を行うための新機能や、システム管理者のサーバー管理を簡素化し、より安全に展開するツールなど、さまざまな新機能を提供すると同時に、開発者からのフィードバックで得たパフォーマンス、互換性、信頼性に関連する約 200 の問題を修正しています。

Claris は業務の効率化、自動化を推進し、ビジネスにおける問題解決を支援できるよう、今後も継続的にClaris FileMaker を進化させていきます。

Claris FileMaker 2024 について
https://www.claris.com/ja/c/get-filemaker/

Claris FileMaker 2024 無料評価版
https://www.claris.com/ja/trial/

Claris International Inc. について
Claris International Inc. は、短期間のローコード開発が可能な世界トップクラスのプラットフォームを開発し、規模を問わずあらゆる企業でデジタルトランスフォーメーションを実現できるように、問題解決者を支援する一連のサービスを提供しています。中小企業と Fortune 500 企業で 130 万人以上のユーザに利用されています。Apple Inc. の一員である Claris は 20 年以上にわたってビジネスを成功させてきた比類のない実績を持ち、イギリス、中国、オーストラリアなど世界各地で事業を展開しています。日本国内における Claris 製品は Apple Japan, Inc. が販売しています。

一般のお問い合わせ先
Claris カスタマサポート
Tel.: 03-4345-3366 / 050-3628-8844
受付時間 10:00〜17:30 (祝日を除く月曜日から金曜日)
https://www.claris.com/ja/company/#japan-office

PR TIMES

「言語」をもっと詳しく

「言語」のニュース

「言語」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ