日総工産が、障害者スポーツ振興イベントの「日本車椅子ツインバスケットボール選手権大会」に協賛

6月6日(火)10時0分 @Press

製造系人材サービスや業務請負事業を提供している、日総工産株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:清水 竜一)は、愛知県小牧市の小牧市スポーツ公園総合体育館にて、6月10日(土)・11日(日)に開催される「日本車椅子ツインバスケットボール選手権大会」に協賛します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129779/LL_img_129779_1.jpg
試合風景


また、当社社員がチーム愛知ツインBBCの選手として出場することになりました。この大会は四肢麻痺の重度障害者が、スポーツを通じて体力の維持・増進・機能回復等の向上を図り、自立更生の充実と明るい生活形成に寄与すると共に、社会への正しい認識を高めることを目的とし、競技スポーツとして確立させる事を目的としています。当社は社員の応援はもちろんのこと、障害者スポーツ振興などの社会貢献に努めてまいります。


【大会概要】
名称:東日本大震災復興支援文部科学大臣杯争奪
第30回記念 日本車椅子ツインバスケットボール選手権大会
日時:2017年6月10日(土)・11日(日)
会場:小牧市スポーツ公園総合体育館 パークアリーナ小牧
(愛知県小牧市間々原新田737)
主催:公益財団法人 日本バスケットボール協会
公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会
日本車椅子ツインバスケットボール連盟
主管:文部科学大臣杯争奪
第30回記念 日本車椅子ツインバスケットボール選手権大会実行委員会
一般財団法人愛知県バスケットボール協会

詳しくは日本車椅子ツインバスケットボール連盟のホームページを参照ください。
http://www.jwtbf.com/

車椅子ツインバスケットボールとは:
車椅子ツインバスケットボールは、下肢・上肢に障害を持つ重度障害者でも参加できるように考案されたスポーツです。最大の特徴は、車椅子バスケットボールに使用されるゴールの他に、もう一つの低いゴールが設けられているところです。また、ゴール周囲にはフリースロー・サークルが用意され、シュートする選手は円外と円内に区別されています。選手の障害に応じてシュート方法が異なるので、独自の役割を果たすことが求められます。この競技で勝敗を左右するのは、選手間のコミュニケーションです。お互いの障害の状態をしっかり把握し、それに応じた正確なパスワークが見どころですのでぜひご覧ください。


【日総工産について】
日総工産は、40年以上にわたり製造系人材サービスや業務請負事業を提供しており、長年の経験に基づき、研修制度・研修体系を整備しています。これからも求職者の方々へ働きやすい環境を提供するために、さまざまなサービスに力を入れてまいります。

■お仕事求人サイト『工場求人ナビ』
https://www.717450.net/

■製造系転職サポート『工場転職ナビ』
https://www.my9.jp/v2/nisso/

■日総工産マスコットキャラクター「せいぞうくん」Facebook
https://www.facebook.com/nisso.seizoukun


【会社概要】
商号 : 日総工産株式会社
代表者 : 代表取締役社長 清水 竜一
所在地 : 〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-4-1 日総工産新横浜ビル
設立 : 1971年(昭和46年)2月3日
事業内容: 製造業務全般に関する業務受託、業務請負事業、
製造業務全般に関する労働者派遣事業、有料職業紹介事業
資本金 : 5,000万円
売上高 : 404億円(平成28年3月期)
URL : http://www.nisso.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「バスケットボール」のニュース

BIGLOBE
トップへ