「Arcstar UCaaS」のラインアップにCisco Sparkを追加し企業の働き方改革を加速

6月6日(火)11時0分 @Press

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、シスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)との協業により、チームの作業を効率化するクラウド型コラボレーションサービスCisco Spark(TM)(※1)を、ユニファイドコミュニケーションサービス「Arcstar UCaaS」のメニュー「Arcstar UCaaS Cisco Type Cisco Spark (以下、Cisco Spark)」として2017年6月6日より提供します。
また「Cisco Spark」と従来の「Arcstar UCaaS Cisco Type Cisco HCS (以下、Cisco HCS)」(※2)との連携機能を、2017年6月30日より開始します。これにより、一台の端末(スマートフォンなど)から、「Cisco Spark」と、PBXを介したビジネス用の外線(※3)・内線の電話を一元的に使えるようになります。

1.背景
日本に比べてリモートワークの普及が進む欧米では、従来のメールや会議サービスに加えて、よりスピーディーで円滑なコミュニケーションができるコラボレーションサービスの利用が一般的になっています。また近年、日本でも「働き方改革」が推進されており、リモートワークなどの多様なワークスタイルが増加しているため、社外・社内を問わず業務環境の異なる様々なメンバーで協働するためのサービスが必要となってきました。

NTT Comはシスコとの協業により、インターネット上でのチームコラボレーションを可能にする「Cisco Spark」と、日本企業から根強い需要があるPBX機能を備え閉域網上でセキュアに利用できる「Cisco HCS」という特長の異なる2つのサービスを、日本で初めて、クラウドで連携しました。「Cisco Spark」の機動性と、「Cisco HCS」の堅実性・大規模ユーザーへの対応力を組み合わせたサービスを、お客さまの多様なニーズに応じて柔軟に導入可能です。
NTT Comとシスコは、これらのサービスを日本におけるユニファイドコミュニケーションサービス浸透のさらなる契機と位置付け、働き方改革へ貢献します。

2.サービスの特長
(1) プロジェクトごとの進捗管理やコミュニケーションを円滑にし、
迅速な意思決定を実現
「Cisco Spark」においては、プロジェクトや案件ごとにバーチャルなワークスペースを作成し、これらのワークスペースごとに、グループチャットやアプリ間通話、ビデオ会議、資料共有など最適なツールでコミュニケーションを取ることができます。
また、ワークスペースでは過去のやりとりや共有した資料が1カ所に時系列で整理されるため、メールによるコミュニケーションでありがちな、過去の経緯が分からない、資料が見つからなくなるといった事態を避けることが可能となります。パートナーなど社外の関係者もインターネット経由で参加できプロジェクトのコミュニケーションが円滑に進み、意思決定を迅速化します。
詳細は[別紙1]参照

利用画面イメージ
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130193/img_130193_1.jpg
動画によるサービス説明
https://www.youtube.com/watch?v=3kr2RGDixPo

(2) 「Cisco HCS」とのハイブリッド活用でスピーディーな拠点展開を実現
「Cisco HCS」と「Cisco Spark」の機能を連携することで、「Cisco Spark」利用端末における「Cisco HCS」が持つ外線通話機能(※3)や内線通話機能の使用が可能になります。
これにより「Cisco Spark」利用端末を「Cisco HCS」の内線番号や0AB〜J(※4)/050番号を持った電話機として利用することが可能になり、社内との内線通話ができるだけでなく、一般の固定電話や携帯電話とも安価な料金で通話できます。
また「Cisco Spark」はインターネット回線があれば容易に導入できるため、新設組織や、グローバルな拠点展開にもスピーディーに対応できます。
詳細は[別紙2]参照

3. 提供開始日
・「Cisco Spark」提供開始2017年6月 6日(火)
・「Cisco HCS」との連携機能の提供開始2017年6月30日(金) (予定)

提供メニューの詳細については、[別紙3]参照。
料金については、NTT Com営業担当者までお問い合わせください。

4.今後の展開
NTT Comは、「Cisco Spark」および、「Cisco Spark」と「Cisco HCS」との連携機能について、海外における提供を予定しているほか、Cisco Spark(TM) Board(※5)への対応を予定しています。また、同じくCisco Sparkについて、同サービスのみで050番号による外線通話が利用できる機能強化を検討します。
今後もNTT Comとシスコは協同して、次世代のコラボレーションプラットフォームを拡充していきます。

5. 両社のコメント
『NTT Comは日本で最初の「Cisco HCS」プロバイダーとして約10万人のエンドユーザへ「Arcstar UCaaS」を提供し、日本におけるUCaaS市場を牽引してきました。今回「Cisco Spark」をラインアップに加えることにより、より多くのお客さまにUCaaSサービスをご利用いただき、働き方改革の推進に貢献してまいります。』
(NTTコミュニケーションズ株式会社 常務取締役 ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部長 丸岡 亨)

『シスコは、働き方改革の支援をビジネスの重点戦略の1つに位置づけ、場所や端末に依存しない多様なワークスタイルを可能にするソリューションを提案してまいりました。
豊富な実績をもつNTT Comの「Arcstar UCaaS」と、使い勝手の良さとセキュアなクラウドコラボレーションサービスCisco Sparkとの連携により、コミュニケーションを円滑化し、企業の生産性向上に貢献できることを嬉しく思います。』
(シスコシステムズ合同会社 代表執行役員社長 鈴木 みゆき)


※1: Cisco Sparkは、ビジネス用に最適化されたメッセージング(チャット)をはじめ、ビデオ会議などのコラボレーション機能を網羅し、モバイル端末における使い勝手に優れたサービスです。
※2: 旧称は「Arcstar UCaaS Ciscoタイプ」。
※3: 「Cisco Spark」と「Cisco HCS」のハイブリッド利用に加えNTT Comの外線通話サービス「Arcstar IP Voice」の契約が必要です。
※4: 0(市外局番の「03」「06」など)から始まり9ケタの数字が続く加入電話用の電話番号です。
※5: 「電子ホワイトボード」「ビデオ会議システム」「PCやモバイルデバイスのコンテンツを表示するプレゼンテーション画面」の3役を1つでこなすオールインワンデバイス。4Kの高精細ディスプレイに加えマイクとビデオカメラを搭載しており、Cisco Spark(TM) Boardの画面に描いたり表示した内容が全てCisco Sparkに反映されます。

Cisco、Cisco SystemsはCisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。





詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

企業をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ