セブン&アイ株主総会を凍り付かせた“ある発言”

6月6日(月)9時0分 ダイヤモンドオンライン

セブン&アイ・ホールディングスは今後、井阪隆一社長、後藤克弘副社長、古屋一樹取締役(セブン-イレブン・ジャパン社長)の3人が中心となって率いる Photo by Mieko Arai

写真を拡大

「鳩ぽっぽマークがなくなっちゃったから駄目なんです」。それは、聞く人が聞けばヒヤリとする発言だった。


 5月26日に開かれたセブン&アイ・ホールディングスの株主総会。自身が出した役員人事案が取締役会で否決され、退任を余儀なくされた鈴木敏文氏が会長として出席する最後の総会だった。


 それだけに、会場は鈴木氏の退任を惜しむ声に包まれた。セブン−イレブン1号店のオーナーは涙に声を詰まらせながら鈴木氏への感謝を述べたし、村田紀敏・セブン&アイ社長(現顧問)は「偉大な経営者である鈴木氏と一緒に退任できることが、私にとって一生の宝」とまで言った。


 そんな雰囲気の中で一つ、鈴木氏のこれまでの取り組みに対する皮肉として飛び出したのが冒頭の発言。セブン−イレブンのあるオーナーが、イトーヨーカ堂の不振についてただしたものだった。


 彼の主張はこうだ。ヨーカ堂のマークを、消費者からの信頼の象徴であり、従業員のプライドの象徴でもあった「白い鳩」から、「セブン&アイのロゴ」に変えてしまったことが、社員の士気の低下につながり、今の不振を招いたのではないか、というのである。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

総会をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ