クルマ選びのポイント8割は「低燃費」 「第3のエコカー」に注目

6月6日(月)11時21分 J-CASTニュース

「低燃費ガソリン車」に注目が集まる

写真を拡大

   マツダはこのほど、6月の環境月間にあわせ、20代〜50代のドライバー632人を対象に行ったエコカーに関する意識調査の結果を発表した(調査はインターネット上で、5月6日〜8日に実施)。



   それによると、1年前と比較して、68.8%は「環境に対する意識が変化した/どちらかというと変化した」、76.7%が「クルマの燃費をより意識するようになった/どちらかというと意識するようになった」と回答した。その理由としては「ガソリン価格の高騰を懸念して」(83.9%)、「ガソリンを無駄に使いたくない意識が強くなったから」(52.4%)、「ガソリンの供給不足が起きたから」(48.5%)といったものがあがっている。



   また、クルマを選ぶときに重要視するポイントでは、「低燃費であるか」(79.6%)が、「車両販売価格が手ごろであるか」(69.3%)を上回り、価格よりも燃費を決め手と考えられているようだ。もし買い換えるとしたら、どんなタイプのクルマがいいかとの問いには、多いほうから「低燃費ガソリン車」(69%)、「ハイブリッド車」(42%)、「通常のガソリン車」(19%)との回答。さらに、低燃費ガソリン車の購入を検討したい理由としては「車両販売価格が手ごろだから」(50.3%)、「ガソリン車に慣れていて安心」(49.2%)、「給油インフラが充実しているから」(31.0%)などが挙げられた。



   ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)など環境技術を搭載したエコカーが注目されている中で、従来のガソリンエンジン車は急速な低燃費化が進んでおり、低燃費でかつ走行性能の向上も期待されることから「第3のエコカー」として注目されている。「第3のエコカー」と呼ばれる主な乗用車には、マツダ「デミオ」(燃費:30km/L、※2011年6月発売予定)、トヨタ「ヴィッツ」(燃費:26.5km/L)、「スズキ・スイフト」(燃費:23km/L)などがある。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「低燃費」をもっと詳しく

「低燃費」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ