江戸情緒たっぷりの猫カフェ 「長屋」に住む猫たちとたわむれる

6月6日(水)15時0分 J-CASTニュース

「江戸ねこ茶屋」の告知チラシ

写真を拡大

江戸ねこ茶屋製作委員会は2018年6月15日から、浮世絵世界で本物の猫と遊べる江戸版の猫カフェ「江戸ねこ茶屋」を、東京のJR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」で開催する。期間は8月31日まで。



収益金の一部を保護猫活動に


本イベントのコンセプトは、「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる」というもの。長屋をモチーフにした建物の中は浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の街並みと雰囲気を表現する。そこに猫用の出入口や通り道、階段などを配置し、江戸世界で生活する猫たちを、眺めたり、一緒に遊んだり、写真を撮るといった体験ができる。



建物の中は「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」などのゾーンを設け、それぞれのシーンに合った浮世絵を使って江戸世界を再現。浮世絵の解説を通して江戸から続く人と猫との深い関係を知ることができる。猫に関連するオリジナルグッズ(Tシャツ、クッション、巾着袋、ブックカバー、スマホケースなど)を購入できるコーナーも設ける予定だ。



本イベントは、収益金の一部を保護猫問題解決のための活動支援金として寄付し、こうした考えに賛同している猫好きのアーティストが、各限定一枚のオリジナル絵馬を制作する。

J-CASTニュース

「猫カフェ」をもっと詳しく

「猫カフェ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ