【武蔵大学】「学生による被災地支援の市民メディア活動」と「ハッピーセカンドライフ--幸せな人生第2のステージ--」をテーマにした講座を開催

6月6日(木)8時5分 Digital PR Platform




武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、7月13日(土)に第58回土曜講座を本学同窓会と共催します。
講座は2部構成で、第1部は松本恭幸氏(社会学部教授)が講演を行い、3.11直後から5年間、東日本大震災の被災地に取材し、衛星放送やCATV、ネットで番組や記事を発信した学生たちの活動を紹介します。第2部は川上誠 氏(第25回経済学部卒)を講師に迎え、NPO法人ソーシャルハーツ代表理事として東日本大震災の被災地を中心とした高齢者自立支援事業の取り組み、シニア世代の新たな生きがいづくりの大切さを語ります。
参加費は無料、どなたでも参加可能となっています。




●武蔵大学「第58回土曜講座」
■日時:2019年7月13日(土)14:00〜16:00
■場所:武蔵大学 8702 教室(8号館7階)
■定員:100名(定員に達し次第締め切らせていただきます)
■受講料:無料(どなたでも受講できます)


●講座詳細
【第1部】14:10〜15:00 学生による被災地支援の市民メディア活動
・講師:松本 恭幸(社会学部教授)
 本学で社会調査とメディア表現を学んだ学生たちが3.11直後から5年間、東日本大震災の被災地に計50回余り通って取材したことを衛星放送、CATV、ネットで番組や記事にして伝えた活動について紹介します。

【第2部】15:10〜16:00 ハッピーセカンドライフ—幸せな人生第2のステージ—
・講師:川上 誠(第25回経済学部卒)
 本学卒業後、35年にわたる激動のプロフェッショナルライフを顧み、2013年2月以来、NPO法人ソーシャルハーツ創設者/代表理事として、東日本大震災被災地を核に高齢者自立支援事業に挑み続けるセカンドライフの意義と決意、そして新たな生きがいづくりの大切さを促します。

▼本件に関する問い合わせ先
武蔵大学 広報室
齋藤(さいとう)・西(にし)
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-3813
FAX:03-5984-3727
メール:pubg-r@mml.sec.musashi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「武蔵」をもっと詳しく

「武蔵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ