BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

あのロックスターの愛した京都の足跡をたどる-。「デヴィッド・ボウイbyミック・ロック」写真展ツアーの参加者募集

PR TIMES6月6日(火)10時28分
画像:あのロックスターの愛した京都の足跡をたどる-。「デヴィッド・ボウイbyミック・ロック」写真展ツアーの参加者募集
写真を拡大
画像:あのロックスターの愛した京都の足跡をたどる-。「デヴィッド・ボウイbyミック・ロック」写真展ツアーの参加者募集
写真を拡大
7月8日、本紙編集委員のガイドでめぐる日帰りバスツアー

産経新聞社は、昨年1月に死去した英ロックスター、デヴィッド・ボウイの写真展鑑賞を含めて、ボウイが生前たびたび訪れていた京都をめぐる日帰りバスツアーを7月8日(土)に企画し、参加者を募集しています。ボウイが愛した京都の“聖地”をめぐり、好物を堪能しながら、本紙編集委員がボウイのエピソードを交えてガイドします。

ポイント1 期間限定写真展を鑑賞

[画像1: https://prtimes.jp/i/22608/100/resize/d22608-100-286899-0.jpg ]

ホテルアンテルーム京都(京都市南区)で、6月17日〜7月17日まで開催される写真展「DAVID BOWIE by MICK ROCK(デヴィッド・ボウイ・バイ・ミック・ロック)」を訪問。ボウイを撮り続けたミック・ロックの作品を鑑賞し、ボウイの勇姿をしのびます。


ポイント2 “聖地”をめぐる
オリジナル曲や映画などを通じて日本人に親しまれたボウイ。ボウイもまた日本を愛し、特に京都の街をたびたび訪れており、彼にとって特別な場所でした。ボウイが出演したテレビCMのロケが行われた正伝寺(しょうでんじ)を参拝。昼食は「晦庵(みそかあん)河道屋」で、ボウイが好んだという天ざるそばを楽しみます。また、定宿だったという老舗旅館も車窓から眺めます。

ポイント3 「レコ・コレ」執筆陣の本紙編集委員がガイドで同行

[画像2: https://prtimes.jp/i/22608/100/resize/d22608-100-519248-1.jpg ]

音楽通記者として数々の取材に携わり、音楽情報誌「レコード・コレクターズ」にも寄稿している産経新聞大阪本社文化部の岡田敏一編集委員が終日同行。ボウイのエピソードを交えながら、ゆかりの地についてガイドをします。
【ツアー概要】
■日時:7月8日(土)10:15集合、16:30解散(予定)
■集合・解散場所:JR京都駅(八条口貸切バス駐車場)
■旅行代金:1人1万5800円(添乗員同行、昼食付き、子供同額)
■最少催行人員:10人
■コース:京都駅(集合後出発)=ボウイの好んだ昼食をはさみながら、ゆかりの地や写真展をご案内します=京都駅解散 ※サプライズを含め、行き先・順番はお任せください
■資料請求・問い合わせ:サンケイトラベル(観光庁長官登録旅行業第1554号)
コース番号=310024
■電話:06・6633・1515(平日午前9時30分〜17時30分、土曜は14時まで。日・祝休み)
HP:http://www.esankei.com/

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ボウイ」をもっと詳しく

注目ニュース
正しいけれど、使わない方がいい敬語とは? All About3月26日(月)18時15分
実は尊敬語で一番使う表現「〜れる」「〜られる」ですが、できることならこの言葉は使わない方が賢明なのです。それは、いったいどういう事なのでし…[ 記事全文 ]
ゆうちょ銀・かんぽ生命、3年で1700人削減 読売新聞4月26日(木)6時8分
日本郵政傘下のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険が2020年度までの3年間で計1700人程度の人員削減を検討していることがわかった。超低金利環境による資金の運用難や、情報技術(IT)を活用した金融サービス「フィンテック」の普及に伴う金融機関の競争激化に対応する。新規採用の抑制などで従業員を段階的に少なくし…[ 記事全文 ]
4月に乗る車で課税額が異なる? 意外と知らない自動車税の仕組み オリコン4月25日(水)9時10分
自動車を所有していると課税される「自動車税」。三輪以上の小型自動車や特殊自動車を除く普通自動車を持つ場合に納税が義務付けられているが、その…[ 記事全文 ]
これをせずに辞めてはだめ! 退職前にするべき10のこと Forbes JAPAN4月25日(水)10時30分
以下は読者のパトリシアから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私は今、期待と不安が入り混じっています。つい最近、初めての極秘転職…[ 記事全文 ]
JR東海の次世代新幹線N700S、利用者に嬉しい改善点 NEWSポストセブン4月24日(火)11時0分
N700Sは、JR東海が次世代の標準型新幹線として開発を進めている高速列車だ。称号の「S」は「最高」を意味する「Supreme」の頭文字。…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア