BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示

PR TIMES6月6日(火)14時32分
画像:iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示
写真を拡大
画像:iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示
写真を拡大
画像:iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示
写真を拡大
画像:iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示
写真を拡大
画像:iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示
写真を拡大
画像:iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示
写真を拡大
画像:iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示
写真を拡大
画像:iFashion Lab、日本初『子供服×VR ヴァーチャル展示会』を開催し「ネットとリアル」で世界同時展示
写真を拡大
〜日本製ブランドをゴッホをモチーフにした空間に展示し世界どこからでも閲覧可能に〜

株式会社エドガ(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:米本陽子)が運営しヴァーチャル展示会のプロデュースを手がける『iFashion Lab』は、キッズアパレル業界では日本国内初の試みとなるヴァーチャルリアリティ(以下VR)技術を活用した子供服展示会を開催することをお知らせいたします。

日本製キッズブランド「toitoitoi」とコラボし、フィンセント・ファン・ゴッホの絵画をモチーフにした部屋に子供服をディスプレイ、VR空間はネット経由でもリアルな会場からでも同様にアクセス・体験可能にしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/26425/1/resize/d26425-1-821897-1.jpg ]


■本企画の2つのテーマ

1)子供服業界では「日本初」のVR導入

キッズアパレル分野では国内で初めてとなるVR空間への洋服展示となります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/26425/1/resize/d26425-1-179181-7.jpg ]

2)「ネットとリアル」の融合で世界発信

展示はインターネットを通じて世界中どこからでもアクセス可能となっております。期間内は指定のURLからPCやスマホ等を通じて時間や場所の制約なく展示を見ることができます。

一方、都内の「リアル」会場では実際の子供服展示に加え、HTC Viveを使ってさらにインタラクティブな空間体験が提供されます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/26425/1/resize/d26425-1-318801-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/26425/1/resize/d26425-1-455106-0.jpg ]



■背景と解決したい課題

iFashion LabはネットでもアクセスできるVR空間に洋服をディスプレイする新しいスタイルの展示会を提案することで、国内アパレル業界に存在する3つの課題へのアプローチを行います。

1)時間と場所の制約を受けないバイヤーとの接点創造

アパレルメーカーにとって展示会はバイヤーに対し直に新作やブランドの世界観を伝えられる数少ない機会であるため出展や輸送に多大なコストをかけますが、バイヤーが物理的な距離や日程等の理由で参加できない場合、メーカーはアピール・販売機会失ってしまいます。しかしネット配信可能なVR展示会であればブースの設営や品物の移動を発生させることなく、URL一つで多忙なバイヤーに対しブランドの持つ世界観を届けることができます。

2)ブランドの世界観を伝えることによるファン創造

Eコマースの隆盛や顧客の店舗離れにより、洋服全体のシルエットデザインや店頭のディスプレイにこだわったメーカーにとっては世界観を正しく伝えることができず販促の痛手となっています。しかしながらネット配信型のVRでは、カスタマーはネットからメーカーが考える空間に直接入り込み、ブランドイメージを感じ取ってもらえるため新しいファン創造に繋げていけると考えています。

3)日系アパレルブランドの海外アピール力向上

日系アパレルブランドは言葉や輸送の壁により海外へのアピール・販路拡大に難しさを感じる傾向があります。しかしネット配信可能なVRを用いて海外バイヤーやカスタマーに自社の展示やコレクションを3D公開すれば、言語的な制約だけでなく、海外展示会への出展コストをかけることなくブランドの世界観を届けることができるようになります。

■技術的な試み

iFashion LabはVR制作ツール「STYLY Suite」(提供:Psychic VR Lab社)を採用しています。独自のクライアントツールやWebブラウザを通じてアクセス可能なVR配信方式であるため、世界に展示会空間を同時配信するといった画期的な取り組みに成功しました。
[画像5: https://prtimes.jp/i/26425/1/resize/d26425-1-313695-3.jpg ]

また、空間モデルには米国で急成長中の3DプラットフォームSketchfab上で公開される世界中のクリエイター作品の中からゴッホをモチーフにした優秀作品を利用し、グローバルなVRトレンドを意識した空間選定をいたしました。

[画像6: https://prtimes.jp/i/26425/1/resize/d26425-1-620775-4.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/26425/1/resize/d26425-1-460072-5.jpg ]


[開催期間]
・「ネット」展示会の開催期間

2017年6月6日(火)日本時間10時 〜 6月8日(木)日本時間14時まで
本URLからアクセス可能(↓)
http://styly.world/Yonerida/82d3edce-4a10-11e7-af2f-fb1a918a0060

・「リアル」展示会の開催期間

1. 2017年6月6日(火)10時〜17時
2. 2017年6月7日(水)10時〜17時
3. 2017年6月8日(木)10時〜14時

[開催場所]
So-SPACE(Fルーム)
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-16-3シルヴァキングダム

[参加ブランド]
toitoitoi!

[運営]
iFashion Lab

VR制作ツール:STYLY Suite
3D空間モデル:「Van gogh Room」ruslans3d氏 作(https://sketchfab.com/models/311d052a9f034ba8bce55a1a8296b6f9)

<toitoitoi!について>
toitoitoi!(http://toitoitoi.net/)はデザインや縫製・品質に至るまで細部にこだわったJAPAN MADEの子供服ブランドです。今年ブランド12年を迎え、銀座などのセレクトショップで展開しています。(販売元:株式会社マザーリップ)

<株式会社エドガについて>
代表取締役:米本陽子
本社:東京都江戸川区南葛西1−2−7
事業内容:「iFashion Lab」を通じたファッション特化型VR展示会の企画、開発、運営
ホームページ:http://www.ifashion-lab.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エドガ 担当:米本
E-Mail:info@ifashion-lab.com

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
10社のトップに直撃「スーツと靴の値段」 プレジデント社8月24日(木)9時15分
企業のトップはスーツを何着持ち、いくらの靴を履いているか。ネクタイは、場面に応じてどのように使い分けているのか。[ 記事全文 ]
年金の手取りを減らす、健康・介護「保険料インフレ」の実態 ダイヤモンドオンライン8月23日(水)6時0分
過去の保険料計算式のチラシは私にとっての「お宝」私は80代の夫の両親と同居している。[ 記事全文 ]
デキる人かを見分けるたった1つの質問 プレジデント社8月16日(水)9時15分
ビジネスの現場で、相手が「仕事がデキる人」かどうかすぐに見抜く方法はあるのでしょうか。じつは、質問1つで判断する方法があります。[ 記事全文 ]
イオングループ、トップバリュの商品114品目を値下げ マイナビニュース8月24日(木)11時32分
イオングループは8月25日より、プライベートブランド「トップバリュ」の商品114品目を値下げする。[ 記事全文 ]
地下1000メートルの難工事=南アルプストンネル着工へ—JR東海のリニア 時事通信8月23日(水)19時6分
JR東海は23日、リニア中央新幹線の最大の難工事区間とされる南アルプストンネル山梨工区(山梨県早川町)を公開した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア