BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

月刊MdN7月号の特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』。売れている本には理由がある! 誰もが知っているベストセラー本に施された工夫に迫る

PR TIMES6月6日(火)10時28分
画像:月刊MdN7月号の特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』。売れている本には理由がある! 誰もが知っているベストセラー本に施された工夫に迫る
写真を拡大
画像:月刊MdN7月号の特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』。売れている本には理由がある! 誰もが知っているベストセラー本に施された工夫に迫る
写真を拡大
画像:月刊MdN7月号の特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』。売れている本には理由がある! 誰もが知っているベストセラー本に施された工夫に迫る
写真を拡大
画像:月刊MdN7月号の特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』。売れている本には理由がある! 誰もが知っているベストセラー本に施された工夫に迫る
写真を拡大
画像:月刊MdN7月号の特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』。売れている本には理由がある! 誰もが知っているベストセラー本に施された工夫に迫る
写真を拡大
画像:月刊MdN7月号の特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』。売れている本には理由がある! 誰もが知っているベストセラー本に施された工夫に迫る
写真を拡大
画像:月刊MdN7月号の特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』。売れている本には理由がある! 誰もが知っているベストセラー本に施された工夫に迫る
写真を拡大
インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がける株式会社エムディエヌコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡 功、略称:MdN)は、デザインとグラフィックの総合情報誌、月刊『MdN(エムディエヌ)』2017年7月号を発行しました。特集は『ベストセラー本、そのデザインの理由』です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1694/resize/d5875-1694-484257-6.jpg ]

月刊『MdN』2017年7月号
http://www.MdN.co.jp/Magazine/

〈電子版取り扱いストア〉
●Kindleストア http://www.amazon.co.jp/
●Newsstand https://itunes.apple.com/jp/app/yue-kanmdn-emudienu/id794775229?mt=8
●楽天Kobo http://books.rakuten.co.jp/e-book/
●マガストア http://www.magastore.jp/
●雑誌オンライン+BOOKS http://www.zasshi-online.com/
※電子版の価格・仕様・動作環境等についての詳細は販売ストアにてご確認ください


【特集1】
『ベストセラー本、そのデザインの理由』

書店を訪れると、当たり前ですがさまざまな本が並んでいます。その中でひときわ存在感がある本があったとして……。

その理由は、ズバンっと目に飛び込んできたタイトル? カバーイラスト? 帯のキャッチコピー?

ベストセラーになる本は、読者を誘う工夫が徹底的になされています。この特集では、そんなベストセラー本を手がけたデザイナーや編集者、さらには作家にどのような工夫をしているのかを聞きました。

「売れている本には理由がある」。それを探っていきます。


■ベストセラー本、そのデザインの理由

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』
漫画家・田中圭一著による自身の、そしてさまざまな人のうつを抜けた体験談が語られるエッセイ漫画。
このベストセラー本が「ピンク」で包まれている意図とは!?

『嫌われる勇気 —自己啓発の源流「アドラー」の教え』
哲学的な内容の本書。なんと現時点(2017年5月下旬)において日本国内で160万部、海外版を合わせると340万部となっている。
この本、なぜこの文字組みなのか、なぜこの紙がカバーに選ばれたのか!?

『日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル』
話題沸騰中の「うんこ漢字ドリル」シリーズ。6学年分合わせて発売からたった2カ月強で、180万部を越えるベストセラーに!
この奇抜な企画が受け入れられた大きな要因のひとつは上質なブックデザインにほかならない。その秘密に迫る!

『人形の国(1)』
人気作『シドニアの騎士』などを手掛けた弐瓶 勉氏の完全に新機軸の新作『人形の国』。
多くの人に開かれたこのエンターテインメント作がなぜ生まれたのか、それに従ってブックデザインはどう変わったのか。
弐瓶 勉氏自身も登場しての取材となった。


■ベストセラー本ランキング ベスト10
「暮らし・健康・子育て」
「ビジネス・経済」
「絵本・児童書」
「コミック」

■スペシャルエッセイ
「売れる装丁」の正体/染谷洋平[ BALCOLONY.]

■帯の奥深き世界

■書店員が語る 平積みしたくなるブックカバー


【連載記事】
■伊藤万理華[乃木坂46]—MARIKA MEETS CREATORS
■PORTFOLIO
■創る。
■デザイン・サイコメトリー 見えないデザイン
■クリエイターズ・エッセイ ...ほか

[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/1694/resize/d5875-1694-892518-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/1694/resize/d5875-1694-653080-0.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/1694/resize/d5875-1694-702511-1.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/5875/1694/resize/d5875-1694-885533-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/5875/1694/resize/d5875-1694-916389-2.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/5875/1694/resize/d5875-1694-688927-5.jpg ]



【株式会社エムディエヌコーポレーション】
株式会社エムディエヌコーポレーションは、雑誌・書籍・イベントを通して、グラフィックデザイン、およびWebデザインのノウハウと可能性を伝える事業を展開しています。デザインとグラフィックの総合情報誌『MdN』をはじめ、多数のデザイン関連書籍を発行しています。
URL:http://www.MdN.co.jp/

【インプレスグループ】
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
URL:http://www.impressholdings.com/

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社エムディエヌコーポレーション
E-mail:info@MdN.co.jp
URL:http://www.MdN.co.jp/

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
ベストセラーのまとめ写真 デザインのまとめ写真 メディアのまとめ・写真 会社のまとめ・写真

「ベストセラー」をもっと詳しく

注目ニュース
専門家が直言「TOEICが日本を滅ぼす」 プレジデント社4月20日(金)9時15分
英語能力のテストとして、学校教育でもビジネスでも重要視されるTOEIC。しかし長年、企業の語学研修に携わってきた猪浦道夫氏は「TOEICは…[ 記事全文 ]
分けると“うっかり使う”が減る!? 目的に合わせた銀行口座の選び方 オリコン4月21日(土)11時0分
「お金は全部、普通預金口座に入れっぱなし」という人はいるだろうか。本来お金は、日々の生活資金のほか、子どもの教育費や住宅を購入するためなど…[ 記事全文 ]
米保護主義に懸念伝達、麻生氏 輸入制限除外要請 共同通信4月21日(土)9時27分
【ワシントン共同】麻生太郎財務相は20日午後(日本時間21日未明)、訪問先の米ワシントンでムニューシン米財務長官と会談し、保護主義的な米通…[ 記事全文 ]
タカタ製エアバッグの理不尽な余波、車検パニックは誰の責任か ダイヤモンドオンライン4月20日(金)6時0分
当分、車に乗ることができない?タカタ製エアバッグの意外な余波タカタ製エアバッグ不祥事の意外な余波が、今ごろ起きることになった。国土交通省は…[ 記事全文 ]
財務次官にセクハラを許すマスコミの事情 プレジデント社4月20日(金)15時15分
週刊新潮で女性記者にセクハラ発言を繰り返したと報じられた財務省の福田淳一事務次官が辞任した。この問題ではセクハラを受けていた女性記者が、勤…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア