BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

〜Closed βリリースから3ヶ月で利用企業200社超え〜 チームワークを自動で可視化するSlackボット「A;(エー)」コミュニケーションを促進する新機能を提供開始

PR TIMES6月6日(火)9時34分
画像:〜Closed βリリースから3ヶ月で利用企業200社超え〜 チームワークを自動で可視化するSlackボット「A;(エー)」コミュニケーションを促進する新機能を提供開始
写真を拡大
画像:〜Closed βリリースから3ヶ月で利用企業200社超え〜 チームワークを自動で可視化するSlackボット「A;(エー)」コミュニケーションを促進する新機能を提供開始
写真を拡大
Visualize Your Teamwork in Automatic Smart Bot A;

Webサービス開発・運営事業を手掛ける、Laboratik株式会社(読み:ラボラティック、所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:三浦 豊史、以下Laboratik)は、チームワークを自動で可視化するSlackボット「A;(エー)」に新機能を追加し、2017年6月6日(火)よりオープンβ版を無料で提供開始いたします。

Laboratikが開発する「A;」は、自然言語処理を介してチャット中のやり取りを解析し、チームのエンゲージメント(関与度や熱意)を自動で見える化するサービスです。チームのコミュニケーションをデータとして収集し、分析・インサイト提案をリアルタイム且つ自動化することで、チームマネジメントの迅速な判断に寄与します。業務でチャットを利用しているだけで、有益なインサイトを得ることができ、的確な意思決定が可能になります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22071/6/resize/d22071-6-690365-0.jpg ]

今回の機能追加により、チームの誰と誰がコミュニケーションが多く、どのチャンネルで議論が盛り上がっているか、定量化して評価することで、チーム内でのコミュニケーションの偏りを検知したり、誰が積極的に参加しているかを知ることができます。さらに、会話量が急激に増えた注目のディスカッションを参加していないメンバーに通知することで情報共有の促進をうながし、チームのコミュニケーションをより円滑にします。

■機能追加の背景
リモートワークや時短勤務、フリーランス、副業など現代の働き方は多様になっています。時間や場所に捉われない働き方が進む一方、 役割分担や業務の進め方に対するメンバーそれぞれの認識がずれるなど、目の前にいないチームメンバーとのコミュニケーションが取りづらくなっています。
Laboratikは「チームパフォーマンスを最大化ー世界中の優秀人材が、場所に縛られずに協働できる世界を作る」というコンセプトを掲げ、A;の開発を進めています。A;のユーザーは230社を超え(本年5月末時点)実際の利用者からのフィードバックをもとに、この働き方多様化時代にフィットする新しい機能を追加しました。

■A;の3つの特長
1:「つながり」が見える
チームの誰と誰がコミュニケーションが多く、どのチャンネルで議論が盛り上がっているか、botが計測して可視化。チーム内でのコミュニケーションの偏りを検知したり、誰が積極的に参加しているかを知ることができます。

2:「感情」が見える
自然言語解析の技術を用いて、チャットの発話のポジティブ/ネガティブ度を解析します。メンバーのチャット上での発話数や、メンタルのバイオリズムを瞬時に把握することができます。

3:「アイデア」を共有
チャット中にタグをつけたコメントを、すべて自動収集。チャット上だと流れてしまいやすい気づきやメモを見返したり、業務進捗を共有する日報のように使えます。

■今後の展望
将来的にビジネスチャットは、社内でのやり取りのみならず、顧客を交えたコミュニケーションツールに拡大していくと考えており、既にFacebook WorkplaceやChatworkは、その用途で活用が進んでいます。
LaboratikはA;のバックエンドとして、複数の言語解析技術を組み合わせ、チャット上で交わされるやり取りの文脈や感情の強弱を分析する独自の解析エンジン「GRATT(グラット)」を開発しています。
今後はGRATTを、A;だけではなく幅広いプラットフォームで作動する解析エンジンとして拡大していきます。
GRATTは、チャットやメール、電話などの情報から顧客の声をデータとして自動で収集し、リアルタイムで分析する解析エンジンとなり、顧客満足度の精度を上げるための有益なサポートをします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/22071/6/resize/d22071-6-723639-1.jpg ]

A;は、今秋に予定している正式版のリリースに向けて、今後も初期ユーザーからのご意見をお聞きしながら、必要とされるサービス内容や機能の改善・拡大を迅速に進めてまいります。

日本語、英語共に下記よりお使いいただけます。
https://a.laboratik.com/


■Laboratik株式会社について
「人間の創造性を躍動させる」ことをミッションに、組織やチームの生産性最大化に貢献します
ーSlush Tokyo 2017 Semi-Finalist
ーRunway to RISE 東京予選Finalist
ーHRテクノロジーサービス100選(HRテクノロジーコンソーシアム LeBAC選定)

代表者:代表取締役社長 三浦 豊史
URL:https://laboratik.com/
事業内容:Webサービス開発・運営事業

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:Laboratik Inc
担当者名:小坂 亜紀子
Email:akiko@laboratik.com

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
可視化のまとめ写真 企業のまとめ・写真 コミュニケーションのまとめ写真 サービスのまとめ・写真

「可視化」をもっと詳しく

注目ニュース
赤字200万で老後破綻招く妻の"悪だくみ" プレジデント社4月1日(日)11時15分
「定年後」に一変することがある。家計簿の習慣があった妻(60)は、夫(61)が定年を迎えると、その習慣をやめ、夫婦の「マネー会議」も自然消…[ 記事全文 ]
"入社4日目"で退社した新社会人の言い分 プレジデント社4月26日(木)15時15分
■2日目で違和感、3日目で決断街中で希望溢れる若々しい新人を目にする機会が増えた4月、すでに「新入社員」を辞めてしまった者も一部ながら存在…[ 記事全文 ]
支持率3割でも"自爆解散"が出てくる理由 プレジデント社4月26日(木)9時15分
■現状は「疑惑のもぐらたたき」自民党幹部が「結党以来最大の危機」と苦虫をかみつぶすように語る。それぐらい、今の安倍政権は悲惨な状況に直面し…[ 記事全文 ]
ゆうちょ銀・かんぽ生命、3年で1700人削減 読売新聞4月26日(木)6時8分
日本郵政傘下のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険が2020年度までの3年間で計1700人程度の人員削減を検討していることがわかった。超低金利環境による資金の運用難や、情報技術(IT)を活用した金融サービス「フィンテック」の普及に伴う金融機関の競争激化に対応する。新規採用の抑制などで従業員を段階的に少なくし…[ 記事全文 ]
為替相場  27日(日本時間 4時) 共同通信4月27日(金)3時1分
共同通信のニュース速報 [ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア