自動運転幹線輸送サービス実現に向け公道実証実験を推進

2024年6月6日(木)15時16分 PR TIMES

新東名高速道路(駿河湾沼津SA-浜松SA間)にて実証実験を開始、2024年度中に関西へ拡大

自動運転技術を活用した物流サービスを提供することにより、2024 年問題をはじめとする物
流危機の解決を目指す株式会社 T2(東京都千代田区、代表取締役 CEO:森本 成城、以下
「T2」)は、2024 年 5 月 29 日より新東名高速道路の駿河湾沼津 SA-浜松 SA 間にて自動運
転レベル 2 の公道実証実験を開始しました。
今後、更に公道実証区間を拡大し、2024 年度中には、自動運転幹線輸送サービス提供予定
の綾瀬(神奈川県)-西宮(兵庫県)の全区間にて実証実験を行う予定です。

■これまでの経緯と今回の公実証実験の内容

 自動運転トラック幹線輸送サービスの事業化実現に向けて取り組んでいる T2 は 2023 年 4 月以来、大型トラックを用いた実証実験を重ね、今回の公道実証実験開始に至りました。
 今回の実証実験では、政府がデジタルライフライン全国総合整備計画にて自動運転車優先レ ーンとして位置付けている新東名高速道路の駿河湾沼津 SA-浜松 SA 間(約 117km)を走行しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/110471/10/resize/d110471-10-24804f5ae406ac9f67c9-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/110471/10/resize/d110471-10-bed5233a9ee1960cb0c1-1.png ]

■今後のマイルストーン


 沼津‐浜松間の実証実験を重ねた後、段階的に走行区間を拡大し、2025年3月には綾瀬-西宮の全区間(約500km)にて実証実験を実施する予定です。
 危機に瀕している日本の物流を既存物流関係者の方々と共に支える為、T2は自動運転トラック幹線輸送サービスを社会実装するべく、マイルストーンに従って開発を推進してまいります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/110471/10/resize/d110471-10-5a8a5c171985ddce1152-0.png ]

■株式会社 T2 会社概要
本社所在地 : 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号 日比谷国際ビル 1階
代表者    : 代表取締役 CEO 森本成城
設立日   : 2022 年 8 月 30 日
事業内容  :
自動運転システムの開発、レベル4自動運転トラックによる幹線輸送サービス事業、幹線輸送に付随した関連サービス事業、その他関連サービス事業
株主 (五十音順):
株式会社宇佐美鉱油、株式会社環境エネルギー投資、株式会社 Preferred Networks、紀陽キャピタルマネジメント株式会社、Valuechain Innovation Fund 投資事業有限責任組合、大和物流株式会社、東京センチュリー株式会社、東邦アセチレン株式会社、日本貨物鉄道株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井住友信託銀行株式会社、三井倉庫ロジスティクス株式会社、三井物産株式会社、三菱地所株式会社、JA 三井リース株式会社、KDDI 株式会社
会社 URL  : https://t2.auto/
X     : https://twitter.com/t2_auto
Linkedin  : https://www.linkedin.com/company/t2auto/

PR TIMES

「自動運転」をもっと詳しく

「自動運転」のニュース

「自動運転」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ