「今日中にやって!」を断る時、感じいい人は何と言う?

2024年6月7日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

「今日中にやって!」を断る時、感じいい人は何と言う?

写真を拡大

相手を不快にさせない、大人っぽい上手な断り方とは?この連載は、日本郵政や法務省、日本コカ・コーラ、日産自動車など多くの省庁や企業で講演や研修を担当し、15年間にわたって約7万人の老若男女にコミュニケーションを教えてきた『オトナ女子のすてきな語彙力帳』の著者、吉井奈々さんによるものです。本書の読者からは、「自分の言葉の引き出しが多くなった!」「載っている言葉を1つでも多く使いたいと思った」「繰り返し読みたい本になりました」といった感想がたくさん届いています。相手も自分も大切にするコミュニケーションのヒントが満載の本書から、好印象につながる断り方をご紹介します。

Photo: Adobe Stock

相手を不快にさせない、大人っぽい上手な断り方

 何かを依頼されて断る場合、何と伝えていますか? ストレートにできないことを伝えると、ちょっと冷たい印象を与えてしまうことも。 たとえば、「今日中は無理です」 こんなふうに言われたら、相手は突き放された印象をもつでしょう。

 感じよく断りたい場合には、

「ご依頼ありがとうございます。明日中ならできるのですが」

 このようにまずは感謝を伝えてください。 相手があなたに頼ったのは、あなたの実力や可能性を信じてくれているから。その気持ちに感謝した上で、可能な日程を伝えましょう。

断るときのクッション言葉

 断る時のクッション言葉を覚えておくと便利です。 たとえば、

「あいにくですが、」

「せっかくなのですが、」

「ありがたいお話なのですが、」

 こんなふうに断る前にひと言加えると、やわらかい印象に。角を立てずに受け入れてもらいやすくなります。

「プラス言葉でサンドイッチ」が効く

 断るときは最初に「声をかけてもらえてうれしい」という喜びを表現し、最後は「また声をかけてほしい」という気持ちで締めるのがポイント。「プラス言葉でサンドイッチ」が効果的です。

(+)声をかけてくださってありがとうございます。
(-)申し訳ありません。その日は先約が入っていて行けそうにありません。残念です。
(+)また今度、ご一緒させてください。楽しみにしております。

感じいい人は、断ったあとのフォローを忘れない

 断ったあとは、次に繋がるひと言を添えましょう。相手も次回の依頼がしやすくなります。

「またいつでもご連絡ください」

 カジュアルな関係の場合は「また次回ぜひ」のひと言でもいいですね。

代替案があるとより丁寧

 丁寧に断った上で「◯◯はいたしかねますが、△△であれば対応が可能です」と代替案を用意できるとベストです。

「不本意ではございますが、私どもも余裕がなく、了承いたしかねます。提案の◯◯を△△に変更いただければ、お受けできますがいかがでしょうか?」

 ぜひ活用してみてください。

(本記事は『オトナ女子のすてきな語彙力帳』をもとに編集しています)

ダイヤモンドオンライン

「日中」をもっと詳しく

「日中」のニュース

「日中」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ