スターバックスが作るエナジードリンクとは? 「リフレッシャーズ」シリーズが始動

6月7日(金)11時29分 J-CASTニュース

「スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカス」、「同 クールライム」

写真を拡大

   若者を中心に人気が高まるエナジードリンク市場に、コーヒーで知られる「スターバックス」ブランドが参入する。スターバックス・コーポレーションと、サントリー食品インターナショナルは、エナジードリンク「スターバックス リフレッシャーズ」シリーズを2013年6月25日から「セブン‐イレブン」で先行発売する。「ベリーベリーハイビスカス」と「クールライム」の2種類。



グリーンコーヒー使った独特の味わい



   いずれもアラビカ種の焙煎前のグリーンコーヒー(生豆)を使用したエナジードリンクで、2012年に発売したアメリカでは独特の味わいが好評だという。今回の発売にあたって日本人の嗜好に合わせた味に仕上げ、「リフレッシュしたい時にもぴったりの大人向けのエナジードリンク」というコンセプトで展開する。


   グリーンコーヒーから抽出したカフェインや高麗人参エキス、ビタミンB6などの「エナジー成分」に炭酸と果汁を加えることで、「リフレッシュしたい時に、エナジーチャージと爽やかな味わいを楽しめる」。「ベリーベリーハイビスカス」は、ベリーの味わいとハイビスカスの香りが、「クールライム」はライムの味わいとミントの香りが特長だ。


   パッケージはシルバーを基調としたデザインで、「スターバックス」のロゴを正面に描き、果汁由来の味を鮮やかな色で表現した


   容量は200ミリリットル。価格は191円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「エナジードリンク」をもっと詳しく

「エナジードリンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ